TIMEのeラーニングが良さそう

我が家では現在、TIMEを購読しています。

私は読んでいませんでしたが、
TIME購読者はeラーニングを無料で利用できるとあったので
これを使って勉強してみようと思います。
主な内容は記事3本の和訳とビデオ教材(字幕付き)。

IMG_2377


先日の英語のトライアルは読解で苦しみました。
和訳がついているなら精読でわからないところを確認できるので安心です♪

☆---------------------------------------------☆     
今年夏開講の医学講座、近日中にメルマガでご案内予定です。

中国語学習者向け★医療メールマガジンの配信を始めました。
詳細はこちらの記事をご覧ください
Ayumi Medical Magazineの登録ページはこちらからどうぞ

原書会等のイベント情報の案内を見逃したくない方はこちらからどうぞ♪ 
イベント情報の事前案内に申し込む


☆---------------------------------------------☆  



翻訳分野の開拓

今月から受けている翻訳トライアルは特許分野です。

現在まではこんな感じ。

A社:中国語(中日)合格
B社:英語(英日) 結果待ち
C社:中国語(中日・日中)受験中

一番最初に英語のトライアルに申し込み、そこから大急ぎで勉強を始めました。

本を1冊購入し、基本的なことをざっと見て、あとは公開されている明細書を参照したり
特許庁で公開されている明細書の作成方法などを確認して、基本的なことを吸収しました。

ようやく請求項、明細書の役割がわかってきました。

トライアルに取り組みながら同時に勉強しています。

個人的には一見危なっかしいこの方法が、学びと吸収の速度を最大限に引き上げる方法ではないかと思います。

英語は合格すれば定期的に仕事がもらえるので、ぜひ合格したいのですが、果たしてどうでしょうか。

また、C社は合格できたらすぐ仕事が来るのではないかと踏んでいるので、
こちらも何としてでも合格したいです。
合否がかかると、人はお尻に火がつき、勉強にも身が入ります。

ただ、わからないところを調べて解決しながら進んでいるので自信のないところがまだあります。不安要素があるなか、果たしてどこまで通用するか。

取り組んでみたら想像以上に面白い分野でした!
もっと早くにトライすれば良かったと思うほど。
私がこれまでやってきた翻訳と異なるのが、背景知識に関連性があり、
仕事をこなせばこなすほど、質もスピードも上がっていくだろうということ。
仕事で得た背景知識を次に生かせる可能性が高いという点で、私がこれまでやっていた翻訳と大きく異なります。




次は日中の翻訳トライアル

子どもの寝かしつけで最近はよく寝てしまいます。
スマホのアラームを設定したのに今回は気が付きませんでした。

2時間くらいしてからもぞもぞ起き出して、夜のうちにやっておきたい仕事を片付けました。

特に1日授業のあった日は特に疲れるようで、子どもより早く寝てしまっているようです。

***

明日は日中の翻訳トライアルに取り掛かります!

先日応募した会社から、中日・日中両方の機会をいただきました。
日中のトライアルは2回目。実は中国語で初めて受けたトライアルも中日・日中でした。
当時日中も合格できたのは採点者が甘かったからではないかと思います。

今はとにかく種まきです。
通訳も翻訳も登録数と仕事数は確実に比例しますので、仕事が落ち着いた時こそ種まき。

子どもが病気しても、病児保育にお願いして仕事へ行く選択肢がありますが、
できれば日中は自分が看病してそばにいてあげたいのが本心。
そんな想いから、しばらくは翻訳や他の在宅でできる仕事により注力したいと思っています。

☆---------------------------------------------☆     
今年夏開講の医学講座、近日中にメルマガでご案内予定です。

中国語学習者向け★医療メールマガジンの配信を始めました。
詳細はこちらの記事をご覧ください
Ayumi Medical Magazineの登録ページはこちらからどうぞ

原書会等のイベント情報の案内を見逃したくない方はこちらからどうぞ♪ 
イベント情報の事前案内に申し込む


☆---------------------------------------------☆  


〇〇がしたい時の鉄則

とてもシンプルです。

通翻訳であれば相手に自分の存在を知らせること。
新しいチャレンジであれば、まず着手すること(自分では左右できない要素を含めた状況が許す場合)。

昨年仕事を再開して以降、この2つの威力を思い知りました。

とりあえず応募したから
やりたいことをつぶやいていたから
目標を公言していたからこそ
舞い込んできた仕事ばかりです。


私がプレッシャーを感じて逃げたくなる時に、心を落ち着かせる魔法の言葉の1つ目は、
「自分にできないことはやってこない」

大それた仕事がきて、「私が⁉︎」と思ってしまっても、きた以上引き受けます。

それでも踏み出すのが怖い時、やっぱり逃げたい時のもう1つのおまじないは、
「それで失敗しても死にはしない」

この言葉だけで大分落ち着きます。

命と比べたら、気になっている会社に応募する、やってみたい試みをとりあえずやってみる、難易度が高そうな仕事にチャレンジすることは、なんて簡単なのでしょう。

今担当している医療通訳講座の生徒さんは日本人も中国人も私より優秀な人ばかり。ではなぜ私がこの仕事をいただけたかというと、私の存在を知ってもらえたから。

本当にそれだけなのです。
私が優秀な医療通訳者だからでは決してありません。

私が大事にしているのは、何かを「とりあえず」始めること。後のことを考えるよりも、迷ったら、頭に浮かんだらやることにしています。「まあ、とりあえずやってみて考えようかな」で色々なことがスタートします。

そこでおすすめなのが、やりたいなあ、どうしようかなあと思ったことをブログなどで公言すること。誰かが反応してくれればしめたもの。誰も背中を押してくれなくても、記事でつぶやくと、やってみようという気持ちがむくむく膨らんでいくから不思議です。

公言してうまくいかなかったら恥ずかしい…と思っても大丈夫です。他人は自分のことをこちらが思っているほど見ていません!

迷ったときはぜひ試してみてくださいね。



動画を使った練習

授業で使おうと思っている部分をやってみました!

日本語30秒くらい、メモなしで聞いて、中国語で大体の内容を再現する練習。
そっくりそのままでなくても良しとしますが、医師の伝えたいポイントは落とさないように。

やりやすいところから2箇所抜粋してやってみました。
冒頭とエンディング。

日本語なので30秒くらい楽・・・と思いきや、
中国語に変換するときにポイントを落としてしまったり、簡単ではありません。

この方法すばらしい!と思ったのが、
日中のアウトプットの練習ができることに加え、疾患の内容が頭に残りやすくなりますね。





☆---------------------------------------------☆     
今年夏開講の医学講座、近日中にメルマガでご案内予定です。

中国語学習者向け★医療メールマガジンの配信を始めました。
詳細はこちらの記事をご覧ください
Ayumi Medical Magazineの登録ページはこちらからどうぞ

原書会等のイベント情報の案内を見逃したくない方はこちらからどうぞ♪ 
イベント情報の事前案内に申し込む


☆---------------------------------------------☆  

livedoor プロフィール
最新コメント
follow us in feedly
メッセージ

名前
メール
本文