月の売り上げを10万円増やす方法

既存の取引先からの仕事を増やすのではなく、
直取引のクライアントを1社見つけ、8500字の翻訳を12円/字で受注したら
うわっ、一気に10万円アップじゃないですか。

“10万”と考えるとハードルが高いですが、
具体的な方法を細分化してみると、1社なら、1万字くらいなら、
頑張れば何とかなりそうな気がしてくるから不思議です。

5年後の目標は月収100万円です。
生涯フリーランスで生活していけるよう、さあ頑張ります。

医療通訳講座の講師の仕事が終わりました

4カ月にわたる医療通訳講座の講師の仕事が本日終了しました。

長いようで、あっという間の4カ月でした。
週1日ほどの授業でしたが、講師初めての私にとって大きなチャレンジでした。

開始当時の不安な気持ちをつづっていました・・・
新米講師・初授業を終えるの巻

教えることは自分が学ぶこと


生徒が優しい方ばかりだったので私でもできたのですが、
やり遂げた喜びはひとしおです・・・・

語学レベルが私より高い方たちを相手に授業するのは毎度プレッシャーでしたが、
その中で気が付いたことは、私は中国語力でトップレベルを目指すのではなく、
トップレベルの医療知識を持つ中国語通翻訳者を目指せばいいのだということです。

語学力では叶わない人があまりに多すぎますが、中国語の業界で医療知識では誰にも負けない通翻訳者を目指すことにしました。こちらの方が実現性がずっと高いです。


本当に良い経験をさせていただきました。

この仕事を通じ、自分にできないことはやってこないのだと再認識しました。
また、背伸びしてチャレンジすると、それまでとは違う発想が生まれるということもわかりました。

自分の至らなかった所を思うと生徒に申し訳ない気持ちになるのですが、
まずは頑張った自分をほめてあげたいです。


専門用語は複数の言い方を知っておいた方がよい

電話での医療通訳は時に通信状況の影響を受けます。

対面であればクリアに聞こえる音声でも、電話越しではとぎれとぎれになることがあります。

「乙肝」と聞こえたけれど、念のため「乙型肝炎」であるか確認したところ、間違いありませんでした。

略語だけでなく、他の表現方法も知っておくと、環境要因に左右されても正確さを保つことができると思いました。

まだまだですが、少しずつ前へ進んでいるのを感じます。

エンドクライアントの訳文に対する評価

翻訳会社がクライアントの翻訳成果物に対する評価を教えてくれました。

大変わかりやすかった、とのことでした。

このコメントをいただけたのは実はおまけで、本当の目的は訳文に対する質問への回答でした。

今回のやりとりで、訳文を必要とする現場の人が、文書のどんなところをより知りたいと思っているか、考える良いきっかけになりました。

確かに気になる箇所は、私も少し気になっていたところでした。
私の解釈を伝えたところ、再度、クライアントのコメントをフィードバックしてくれました。
翻訳会社から依頼をいただくことが多い今、エンドクライアントの評価を聞く機会はほとんどありませんが、肯定的な評価をいただけると励みになります。

納品前に、現場の担当者の立場になってもう少し丁寧に訳文を読み返していれば、現場の人が“気になる”ポイントはわかったはずでした。今回は訳者として読み返していただけでした。
今回の件で、一歩先を行った成果物を提供できるようになりたいなあと思いました。

今回の文書はガイドラインでした。表現の美しさを求める文書ではなく、ガイドラインのようにクライアントの真のニーズを読み取る必要のある文書を翻訳する方が好きだなあと最近ますます感じています。

以前、品質マニュアルを翻訳していたときのことです。
医療機器の品質マニュアルで、ISO 13485に準拠と書いてあるのですが、以前、ISO 13485とISO 9001の違いを少しかじっていたので、その品質マニュアルが実はISO 9001のままであることに気づきました。これって大変なことです。対外的にはISO 13485の認証取得とうたいながら、肝心の品質マニュアルがISO 9001のままなのですから。

翻訳会社のコーディネータに(面倒にならない程度に)コメントを付与して納品しましたが、伝わっていないようでした。こういうことに遭遇して、直取引で翻訳から少し立ち入ったことまでやれたらなあと思うようになりました。

法規制サービスに加えて、現地法人の品質マニュアルがISO 13485などに準拠しているか、のテクニカルレビューなら現状+αでできそうです。これも何か形にできないか考えています!わくわく。


☆---------------------------------------------☆     
「5日間集中!病気・身体の仕組みをゼロから学べる医学講座<前半> 医療通訳を目指す方向け」
夏季講座の受講生募集中→オンライン枠は残りわずか。

中国語学習者向け・医療メールマガジンの配信を始めました。
詳細はこちらの記事をご覧ください

原書会などのイベント案内・ディクテーション配信(音声・文字)はこちらから
Ayumi Chinese Book Cafeメールマガジン

☆---------------------------------------------☆  

第1回WEB中国語原書会、開催しました!

初めてのオンラインでの中国語原書会。

IMG_1107 (編集済み)
(写真はイメージ)


通信状況や参加者がスムーズにzoomを使用できるか心配していましたが、
大きな問題なく、無事終了しました。

東京、関西、九州、アジア圏2か国からのご参加でした。私をいれて6名。

zoomでのWEB原書会、思っていた以上にスムーズでびっくり。
Skypeと違い、IDの取得が不要なのも魅力です。参加者はURLをクリックするだけ。

画面越しで原書を紹介しあうのは新鮮で、不思議な感じがしました。
でも人が紹介するのを聞いて受ける刺激はリアル原書会とは変わらず、
最近、仕事優先で原書をあまり読めていなかった私の原書熱は再び高まったのでした。

オンラインでやる一番のメリットは、場所の制約をうけないことですね。
お住まいの地域の書店状況などをシェアできるのも魅力だと思いました。

zoomが中国のネット規制を受けないのであれば、中国・台湾に今お住まいの方たちも参加できますね。中国・台湾でどんな本が今売れているかリアルな情報を聞けますね。
(あ、ライブドアブログは中国大陸ではアクセスできないのでした・・・くぅ)


ご紹介いただいた本をzoomのチャットで都度記入していたのですが、
会終了時にその記録も一緒に消えてしまい、今回は紹介いただいた書籍名は記事では省略させていただきます。

初めて参加された方から「次回もあればまた参加したい」「(雰囲気が)良い意味でゆるい感じで安心しました」とメッセージをいただきました(^^) 

WEB原書会は、あまり時間がとれないけれど、さくっと参加して、色々な本の情報を得たい方にもおすすめできそう。今回ぴったり1時間だったので、子育てや仕事で忙しい方にもおすすめしたいです^^

たくさんお話を聞きたい・交流したい方はリアル原書会、さくっと参加したい方はWEB原書会、という風に使い分けていただくこともできますね。

次回はいつにするかまだ未定ですが、リクエストがありましたらご連絡ください。
初回に参加してくださったみなさま、ありがとうございました^^

☆---------------------------------------------☆     
「5日間集中!病気・身体の仕組みをゼロから学べる医学講座<前半> 医療通訳を目指す方向け」
夏季講座の受講生募集中→オンライン枠は残りわずか。

中国語学習者向け・医療メールマガジンの配信を始めました。
詳細はこちらの記事をご覧ください

原書会などのイベント案内・ディクテーション配信(音声・文字)はこちらから
Ayumi Chinese Book Cafeメールマガジン

☆---------------------------------------------☆  

livedoor プロフィール
最新コメント
follow us in feedly
メッセージ

名前
メール
本文