October 2009

習慣化を味方にする

語学を極める王道の一つは、習慣化を味方にすることだと実感するようになってきました。夏の終わりからはまりにはまっているNHKworldのシャドーイングは私の習慣化の第一号です。第二号になりつつあるのは、4時に起きる朝勉です。これを自分の味方にすれば(=習慣化すれば)怖いものなしじゃないかと思います。

今週の朝勉状況は
火 5時半up
水 4時up
木 4時up
金 寝坊・朝勉なし
土 4時up(今日)

全て出勤日のものです。今後は休日も4時up(遅くとも5時up)を習慣化していくつもりです。

私は悩み事があったり、心に不安があると、それが朝勉に即影響してしまいます。(金)に起きられなかったのは、精神的に弱くなっていたからです。4時upを習慣化してしまえば、心がどんな状態でも朝4時になると自動的に起床して、不安は不安でおいといて、まず朝勉することができるようになる気がします。


先日初めて4時に起きた次の日、本屋で「朝4時起きですべてがうまく回りだす!」(池田知恵さん著)を見かけ、「こんなところに同志がいる!」と感激して購入しました。 実践されている方がいると、私も負けずに起き続けよう!と頑張れます。

毎日3時間勉強すると、私の中では最低学習時間がクリアできる感じで、一応安心できます。やりたいことはまだまだありますが、最低ラインはクリアというところでしょうか。その3時間を確保するのに、私の場合、朝4時起床が必要になってきます。5時起きだと消化不良のまま出勤で、どうも安心できません。3時に起きられればもっと良いのですが、通勤時間が比較的長く、急いで帰ってきて、早く寝ても3時起きは苦しいところです。

久々にこれはと思った本

ここ2週間で語学学習本だけで4冊読みました。この手の本が私は好きで、1冊読むとまた他の方のノウハウも知りたくてついつい買ってしまいます。

あの有名な「英語は絶対勉強するな!」以来、「これは!」と思うような学習本には出会っていませんでしたが、久々に自分の中でヒット本に会えました。
「いつでもやる気の英語勉強法」 三宅裕之さん著

この本は語学の学習アドバイスだけでなく、自己啓発書にもなっていると思います。購入して数時間であっという間に読んでしまいました。驚いたことに、この方と自分に共通点が2つありました。三宅さんは英語の前に、ゼロから中国に留学に行き、10か月後にHSK8級とったそうです。(正確には5カ月後に7級も取得しているようです)。さらにすごいのは現地で中国人に間違えられるほどだったと。この最後の点が私と全然違います。私は南方人に間違えられる程度でしたから・・・。

もうひとつの共通点は、三宅さんもシャドウイング1時間をノウハウの一環として紹介していることです。やり方は私と少し違い、始めにスクリプトも見たうえで完璧なシャドウイングをされるようです。シャドウイングの前に原稿を見るか見ないかどちらが良いかわかりませんが、自分の体感では、原稿を見ないでシャドウイングした時の方が、初めてその音声に触れるので変な癖が入らないです。あくまで私の場合ですが、原稿を見たり音読してからシャドウイングすると、自分の癖が入ってしまい、音をまねるという意味でのシャドウイングの完成度が落ちてしまう気がします。なので私は原稿を先に見ないやり方を愛用しています。

この本は私の言語バイブルの1冊としてしっかり重宝されることになるでしょう(^^)素晴らしい本です。読むとじわじわとやる気がわいてくるし、勉強のやり方が的確・簡潔に書かれてあります。

最近以下の本も買いました。
「女は英語でよみがえる」
「私の外国語学習法」
残念ながら、この2冊はすばらしい本だと思うのですが、途中から読み進めるのがちょっと苦痛で読むのをやめました。私には枝葉をけずって簡潔・わかりやすく書かれている本の方があっているみたいです。
もう1冊買った本は、ここでは題名を書くのを伏せますが、買って損した本でした。気ままに書いたブログをそのまま本にした感じで、わりと著名らしき方が書いているのに、なんで出版したのかな~と思うほどでした。語学関係の本は今はたくさんあって、当たりもあればはずれもありますね。

三宅さんの本を紹介したくなったのも、ノウハウがすばらしいのと、この本からご本人の人間性が伝わってきて、それに感動したというのもあります。私も含めて語学でくじけそうになったり、スランプが続いている人、やる気がなかなか持続しない方など、この本を読むと「私もできるんだ」と思えるようになります。私もさらにやる気になりました(^^)

4時に起きて朝勉

今日は4時に起きて朝勉しました。強烈な二度寝の誘惑に襲われましたが、すぐキッチンへ行きコーヒーをいれて、10分後にようやく眠気が覚めました。この朝の誘惑に打ち勝つと、すごい爽快感があり、二度寝をしてしまうと後で自己嫌悪に陥ります。今日は「えいっ!」と布団からすぐ出ました。

昨日の続きで10月26日昼のNHKworldニュースに取り組みました。声ならしと脳を目覚めさせるためにシャドーイングを1回して、リプロダクションにとりかかりました。昨日途中だったニュースを、1文ずつのリプロダクション→2文ずつ→3文ずつやったら既に1時間が経過。2つ目のニュースも同様に1文→2文→3文とリプロダクションし、サイトラをしたらすでにタイムオーバーでした。スクリプト解析がまだ終わっていないので、次回に持ち越しとなりそうです。

リプロダクションは難しいですが、一時的な記憶力をアップさせるにはすごく良さそうです(^^)

新しいトレーニング開始

シャドーイングに加えて、新たなトレーニングを始めました。
リプロダクションです。
この方法は以前から知っていましたが、以前少しやってみた時、あまりに難しくてお手上げでした。シャドーイングがいかにやりやすいかわかります。ネットでいくつかサイトを見たら、アウトプットにもとても有効のようです。

スクールで、中国語の音声を聞いて1、2文ずつ訳していく時、全くできませんでした。できない理由は、一時的に記憶する力がついていないのと、文を訳す力がついていないのだと思います。そうすると、前者はリプロダクションで、後者はサイトラで克服できるはずです。

やってみた感想は、シャドーイングよりずっと難しく、根気が要りそうです。リプロダクションに比べたら、シャドーイングはなんとお手軽なんだろうと思いました。音声を止めたりスタートしたりもしなくていいので。

週末に色々試行錯誤しましたが、シャドーイングというやり方が私は大好きで、これにかける時間を削りたくはありません。シャドーイングしないと気持ちがイライラし、不安になってしまうほどです。しかし、NHKworldニュースの各ニュースをリプロダクションしていたら、1日のニュースにすごい時間がかかってしまいそうです。そこで、まず今までシャドーイングにかけていた時間を若干減らし、10分のNHKニュースをシャドーイングするのは5回までにしてみました。しかしこの5回は全神経を集中させます。その後、1個か2個のニュースをリプロダクション。1文ずつから始めて1文を一通りやったら、2文→3文とやる。その後、各ニュース全てをサイトラする。こうすれば、シャドーイングを減らさずに、別のトレーニングを並行できそうです。

リプロダクションは今の私には結構きついので、1日分のニュースのうち、1個か2個のみやることにして、段々ならしていきます。

今日の朝勉は、4時起床が寝坊し、5時半におきました。出勤前に勉強した2時間弱の中で、シャドーイング5回+リプロダクション(1文ずつ)まで終わりました。明日、続きをやれば、朝勉×2日で1日分のNHKworldニュースをこなしていけそうです。一番のみそは4時に起きられるかどうか!です。


通訳スクールで言われたことを、今後も紹介していきたいです。スクール経由で仕事獲得を狙うのでなければ、スクールに通わなくても通訳のための勉強は独学でできると思います。前回言われたことの一つは、1週間分の新聞トップ面を中国語・日本語ともにちゃんとチェックすることでした。

朝勉!

今週は朝勉を2回やりました。1回は5時起き、2回目は本日。
4時に起きられました!
今の仕事始めてから4時に起きて勉強したのは始めて。出勤前に3時間勉強する時間があるので、中国語と英語をやりました。(英語を本格的にやり直すことに決定。)

10月19日昼のNHKworldニュースを1時間シャドウイングして、原稿チェック。いつもなら3時間ではなかなか終わらないのですが、朝勉効果で、40分ほど英語をやる時間が残りました。朝勉の締め切り効果は大です。

かける勉強量で言うと、これだけでは全然足りないと思います。でも、3時起きは(したいけれど)夜寝る時間をこれ以上早くできないので、一番早くて4時になりそうです。

NHKworldは完全に習慣化しました。「習慣化」は語学の習得で強い味方の気がします。いったんある習慣が作られると、それをしないと落ち着かない・不安に私の場合はなるので、日々の繰り返し頻度の間隔がどんどん短くなっていきます。朝起きて、ぼーっとしながらコーヒーをいれて、今日は5分ストレッチをしました。頭がどんなに眠くても、音声をスタートしてしまえば、シャドウイングしなきゃ、と身体にエンジンかけることができるみたいです。NHKworldはすごい楽しい勉強法ですが、やっているのも楽しいし、同時に、やればやるほどNHKworldを卒業して(今は未定の)次のステップへ移る日が近付いていると思うと気合が入ります。

明日も仕事なので、また4時に起きます~♪

シャドウイングに少し変化をつけようと思います

今日もシャドウイングしました♪ NHKworld10月18日昼のニュースを12回シャドウイング+スクリプト解析していつものように終了です。

初めて「リオデジャネイロ」が登場しました。「里约热内卢」です。言いにくくてこれには苦戦しました。何度も発声して今はもう大丈夫です。

最後に珍しくスポーツニュースがあって、専門用語のオンパレードでした。
「選手権大会」「種目別」「段違い平行棒」「グランプリ」「世界選手権大会」

へえ~と思ったのが、「ショートプログラム」と「フリー」
フィギュアスケートでよく使う言葉ですよね。見てみるとあっけなく、短节目,自由滑です。

毎回10分ニュースを繰り返しシャドウイングしているので、次回から新しいことをやってみようと思います。
2日分のニュースのシャドウイング(20分)を1セットにしてやってみるつもりです。そうすれば、60分やるにしても、同じニュースを3回繰り返すだけで、シャドウイングもより新鮮にできると思います。それに慣れてきたら、いずれ6日分のニュースをいっぺんにシャドウイングできるようになるかもしれません。

今の私にとって、NHKworldニュースはシャドウイングにちょうど良い速度のようです。耳で聞く時に心なしか遅く感じられますが、全て聞き取れているわけではありません。なのでシャドウイングすると、適度に脳に負荷がかかって、一生懸命ついていこうとするから、毎回少しずつ進歩があります。

シャドウイングの教材には、耳で聞いた時、「ちょっと・・・遅いかな」と思うくらいがちょうど良い気がします。実際シャドウイングすると、「なんて速いんだろう」と思いますが、耳だけで聞くと途端にはっきり聞き取れたりします。

当面は、脳への負荷をもっと増やして、さらに長時間のシャドウイングに耐えられるトレーニングをしていこうと思います。

今日も勉強終了。

NHKworldニュースを使ったシャドウイングにも、大分慣れてきて、1日のニュースにかかる時間が大分短くなりました。今日も、10月16日夜のニュースをシャドウイング(8回)+スクリプト解析ともに終了しました。

2010年度予算の概算要求が過去最高の95兆380億円に達した、というのがトップニュースで、数字の桁がさっぱりわかりませんでした。新聞を見て、ああこうなるのかと納得。スクリプト解析の時は、毎度ですが机のまわりに新聞が散乱します。「概算要求」について理解を深めないと、なんでこのニュースがトップなのかわからないので、入念に読みました。それほど私は政治・経済が勉強不足であります。。(汗)

特に感動したフレーズは「こども手当」「高校の実質無償化」「農業の戸別所得保障制度」 この3つです!
これはとてもホットな単語です。日ごろどういうのかな?と思っていましたが、ようやく出てきました。

NHKのシャドウイングは8月25日から始めたので、もうすぐ2カ月です。現在までに、13日分のニュースをシャドウイングしました。少ないですね~。最近は1日分のニュースをやるサイクルが短くなってきたので、今後はもっとたくさんできると思います。

成語の本も、30文をりピーティング練習→瞬間作文をやりましたが、NHKのシャドウイングに比べてあまり楽しくないです。事務的な感じがして、30個を終えて今日はやめました。

やはり進歩が実感できるから、NHKのシャドウイングは楽しいみたいです。新しいニュースをただ聞く時にも、前回のシャドウイングでやった単語が出てくると、そこだけ境界線をひかれたみたいにはっきり聞き取れます。
小さなブレイクスル―とも言えるかもしれませんね。


今週、2回中国語を話している夢を見ました。今日も見られるかな?
期待して寝ます~~♪

NHKニュースを使ったシャドウイングの良いところ

やっと週末です~♪

今日は久しぶりに、5時30分頃起きて、朝勉をしました。朝勉はやっぱり集中できます。出勤前までに、「~~まで終わらせよう」と気が引き締まります。出勤前に1時間半、前回シャドウイングを終了した10月12日付NHKworldニュースのスクリプト解析をやりました。いつもだったらスクリプト解析は2時間以上かかってしまいますが、朝勉効果で、出勤前に終了できました。

(NHK WORLD chinese newsをご存じない方 
こちらからどうぞ→<NHK WORLD News>  右側の「立即收听」から音声をダウンロードできます。)


「海上自衛隊のインド洋での給油活動」という言い方を覚えました(感動)。その他に、「インフラ」「アフガニスタン復興支援」「火力発電所」「国際協力機構(JICA)」「国際エネルギー機構(IEA)」「省エネ技術」「和平交渉(正式後と略語両方でてきました)」「短距離走」などなど。

「職業訓練や農業技術支援といった具体案の検討を急ぐ」 ニュースや新聞でよく使われるこうした表現もそのままでてきました。

また、以前にも何度か書いた「旨在」。この単語は音声を聞いて繰り返せても、シャドウイングの時に、この単語として認識できていませんでしたが、今回のニュースではしっかり頭に浮かびあがりました。他の日のニュースを聞いていても、この単語が前よりも高い頻度でしっかりと聞き取れるようになりました。音声と同時に漢字が頭の中に浮かぶようになりました。これには驚きました。


NHKworldニュースを使った勉強、本来はシャドウイングのトレーニングのためでしたが、最近はニュースを知る手段にもなってきました。普段、1日分のニュースのシャドウイング+スクリプト解析を完全に終えてから次のニュースをDLしますが、今週は完全に学習が終わっていなくても、次の日、また次の日とニュースをDLして、歩いている時聞いていました。「どれくらいわかるかな?」と試したい気持ちもありますが、仕事関係で読む本がたまっていて、新聞をなかなかしっかり読めず、必要最低限のニュースを知っておきたいな、というのも理由です。


NHKworldのシャドウイングトレーニングにはまっているには、他にも理由がありました。英絶をしていた頃、ネイティブや日本人数人と英語で会話する機会があり、テーマが政治に触れました。言いたいことがたくさんあったのに、時事的な内容になると、全然話せませんでした。そういうはがゆい経験は、英語を勉強していた時によくありました。簡単な日常会話レベルからさらにその上のレベルに届いていなかったんですよね。新聞やニュース音声を使ってトレーニングしていなかったので当然といえば当然ですが。

スクリプト解析の時、一つのニュースを音読、単語チェック、日本の新聞紙面(うちは日経)で該当ニュースをチェック、訳し方チェックしていると、ニュース用語や、テキストに出てきてもあまり覚えたくない単語にも毎回感動します。「そうだったんだあ」という感動を伴うので、記憶率がアップするような気がします。同時に、「ああ、これでこのテーマについて中国人とスムーズに話したりディスカッションできるかも」と思います。自分が興味ないニュースも、中国語を介すると調べようという気になるので、ニュースに対する関心がより、深まります。

「1回聞いただけでわかるから、簡単すぎてもう必要ない」というレベルに達するか、他にすごくやりたいトレーニング法が見つかる以外は、当分の間NHKニュースにお世話になりそうです。

NHKworldの選ぶニュースもときどき偏っていますが、重大なトップニュースは必ず取り上げられているので、その役割は大きいです。1日分のニュースの学習が終わる度に、なんかすごい達成感があります。(難しくてやる気になれない時にはもちろんありませんが)。今朝は達成感が特に大きかったです。出勤前に仕事が終わったーみたいな(笑)

これからも適度に肩抜いてがんばります♪

衝動買いしたテキスト

昨日の昼休憩中、本屋に寄って、買うつもりなかったのに思わず衝動買いしました↓
「起きてから寝るまで中国語 成語表現」

これ、すごく良いです。買って正解でした。今日から使い始めています。
CDの音声が、一つ例文を言った後にポーズがあるので、繰り返し練習ができます。
歩きながらシャドウイングやリピーティングをして、お風呂で音読して30の成語と例文を今日はやりました。

すき間時間にちょこちょこできるので、とても良いです。音声を聞いた後、リピーティングするのが結構難しいです。ポーズの時間は、テキストを見ながら音読する時間になっているので、見ないでリピーティンブすると、見事に置いていかれます。ちょこちょこ勉強すれば、あまり時間を充てることなくできそうですし、瞬間中作文にもってこいのテキストだと思いました。

成語がてんで苦手なので、良かったです。
知らない成語ばっかしです(*_*)


最近、成語の弱点を少しでも埋めたくて、小説を使って出てきた成語を調べていました。先日、こんな面白い成語に出会いました。
「藕断丝连」:未練がましい
你明知道大庄已经有老婆了,还和他藕断丝连干什么?

こんな使える成語なのに、テキストには載っていませんでした。もう一つ、2冊の小説で出てきたのに、テキストに載っているのを見たことがない、これまた使える成語があります。
「语无伦次」:支離滅裂だ
他说话就有点语无伦次了

シャドウイング:休息も必要

前の日記で、張り切って100分シャドウイングしたことを書きました。次の日も、同様に張り切ってシャドウイングをしたら、2回やったところで、すごい脳の疲労を感じました。まるで1時間やった後のような。「おかしいなあ」と思い、少し休憩してからまた2回やっても、同じく大変疲れました。脳が「もうやめておくれ~」と言っているような感じでした。

結局、昨日はシャドウイングを脳が拒否状態でできませんでした。これは初めて体験することなので、よくわからないのですが、ちょっと無理して長時間シャドウイングした後は、脳を休めることも必要なのかもしれません。今日は、朝家を出る前に1回、駅まで歩きながら2回シャドウイングをしましたが、まったく疲労感はありませんでした。帰宅してからシャドウイングを数回しても全然疲労感はなく、今夜は6回連続シャドウイングができました。昨日から取り組んだ10月12日(昼)付ニュースのシャドウイングはもう終えることができました。明日、スクリプト解析できます。

最近、1つのニュースにかけるサイクルが短くなってきました。今日も、一つ小さな進歩がありました。

以前の記事にも書いた「旨在」。NHKworldによく出てくる単語ですが、いつも繰り返せても、頭に漢字が浮かんでくることはありませんでした。スクリプトを見る度に、「またこの単語がわかっていなかった~」と首をかしげていました。ところが、今日シャドウイングしている時、初めて単語が脳に浮かんできました。しかし、シャドウイングする度に頭に浮かんだり、スルーしたりします。この単語はよっぽど意識しないと、シャドウイング中に漢字までイメージできないみたいです。

あるフレーズを自然に使えるようになるには、シャドウイングの時に発声とともにそのフレーズが力を入れなくても頭に浮かびあがる状態だと私は思っているので、この「旨在」はまだ使いこなせそうにないです。一方で、NHKworldニュースで最近よく出てくる、「温暖化ガスの排出を2020年までに25%削減する中期目標」は、一つに限らず複数の言い回しが自然に出てくるようになります。やっぱり潜在意識にたたきこむのが大切なんですね。

NHKニュースは素晴らしい教材ですが、やはり固いので、今後はDVDドラマも一緒に勉強していきたいです。昨日ドラマを見ていたら、中国語がすごく活き活きしていて、ふとNHKニュースが無味乾燥なものに思えてしまいました。


しばらくさぼっていた英語は、今夜久しぶりに「アメリカ口語教本-上級用」3課の文章2個を音読しました。2課は大分スラスラ読めるようになりましたが、3課はまだまだです。このテキストはいったん、「しっかり音読」をしてから、辞書を使って調べようかなと思っています。




ランキングに参加しています。
もし参考になりましたらクリックしてくださると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村
livedoor プロフィール
最新コメント
follow us in feedly
メッセージ

名前
メール
本文