April 2010

発音について<失敗談>

今日は祝日ですが、早朝勉強会がありました!
2月25日から開始して、今日で10回開催したことになります。

祝日もやろう、という仲間の声で、祝日の今日も開催されました。
私は最近全然早起きできず、今日は寝坊して、8時にデニーズに着きました。みんなは7時から勉強しています。
(仲間がメールで起こしてくれました。感謝!)


勉強会の後、みんなで原宿にあるハワイアンのお店へパンケーキを食べに行きました。
コレです↓
b7b937e7.jpg


今日一緒にハワイアンへ行った4人の仲間は出席率100%です!
私はというと、今日入れて3回欠席です。休む時は仲間にお願いして会を代行して頂いています。
朝起こしてもらったりで甘え通しです。みなさん熱意があって、とても魅力的な方たちです。
中級口語①のテキストも、第9課までやりました。(自分は第7課までですが)

来週の5月6日はこれまでの復習をする予定です。
ご興味ある方はお気軽にいらしてください。
飯田橋 JRそばのデニーズ 朝7時スタートです。

私はGWにこれまでの復習をして、来週やる復習アイテムを考えておきたいと思っています。



さて、今日は発音について書きます。
内容は失敗談です。


結論から言うと、学習の初期段階で数カ月かけて徹底的に発音トレーニングすることはとても大事だということです。
当たり前のことかと思いますが、私の場合、これをやっていませんでした。

学習始めの頃は、1枚の紙に母音や子音が書かれた一覧を使って「ba-,pa-,ta-」など一つ一つ、発声練習するものですよね。
その他、母音、二重母音、無気音、有気音、ウムラウト等、一つ一つ練習しますよね。

私はこれらを全てスルーしちゃいました。(この理由はまた改めて書くとします。)要するにカタカナ読みで始めてしまいました。
焦っていたのと、発音の難しさ・重要性に気がついていなくて、全て無視した結果、留学先で初級クラスから始めました。
普通、ゼロから現地に行った場合、入門から発音を学ぶのですが、それに半年かけるのがなんだか惜しくて省いちゃいました。自己流でテープで発音を学びつつ、初級クラスに入りました。なので、数字の「十」の発音しているつもりで、日本語の「シー」で通そうとするから、先生に「七」や「一」だと思われることがありました。
さすがに「车」の発音が難しくて、「中国語は発音が難しい」と思うことがあったのですが、それでも個々の音を一つずつ学ぼうとは思いませんでした。


chstdさんshiraさんのブログで母音や「声門閉鎖」について書かれているのを見て、「声門閉鎖って何だろう?」と思っていました。

さらに言えば、「無気音」と「有気音」の違いが重要であることも、最近気が付きました。

振り返ると、勉強を見てくれていた中国人の友人からは、何度か「発音が大事だよ」と指摘を受けたことがあります。しかし、先を急いでいた私は無視していました。そんな感じなので、友人もまあまあ通じる音ならOKを出すようになりました。

2年間も現地にいて、恥ずかしい話ですけども、事実です。

問題に決定的に気がつくようになったのは、スクールの先生から指摘を受けたのと、早朝勉強会の仲間と勉強するようになってからです。みんなで音読して、仲間の発音を聞くようになってから、以前よりずっと一つ一つの音が重要であることに気がつきました。今は早朝勉強会を始めて本当に良かったと思います。もし始めていなかったら、まだ事の重要性に気がついていなかったかもしれません。


ということで、最近は発音関係の本を見ることが多いです。
今日、2冊買ってきました。母音一つを意識しながら練習しているので、中国語と初対面した気分になります。


もし、現地でゼロから中国語を勉強しようという方がいらっしゃったら、始めは発音に十分な時間を割いて頂きたいです。半年~1年まるまるかけてもいいと思います。その間、現地の人と意思疎通できなくったって、長い目で見たら大した期間ではありません。私のように、学習してから数年たって、一からやり直すのは気楽なことではないです。

しかも、現地にいると、なまじ発音が悪くても通じちゃいます。さらに、留学先の先生は、20人程の生徒を相手にするので真剣に指摘してくれません。1対1でやる際も、「日本人は一般に発音が悪いから、これくらいできていればOKか」で甘くされてしまう可能性があると思います。そして、「相对来讲」や「和其它日本人相比」という前置きで、「你的发音很好」というセリフを何度か聞いたことがありますが、これは要するに「改善の余地が大いにある」ということで、ほめ言葉ではないです。日本語の断り文句にあるのと似た響きがある気がします。「下手」とは直接言いにくいから、遠まわしに・・・みたいな。


このようなことに今頃気がついたので、もし学習ゼロでこれから現地に行かれる方いたら、同じ失敗はしてほしくないな~と思い、書きました。

そうそう、私はハルピン(東北)に留学していましたが、この場合、南方人に間違われるのも「普通語が下手」ということになると思います。南方人に間違えられたり、「你是哪里的?」と言われることがありました。

さらに、外国人慣れしていない中国人は外国人と一言、二言言葉を交わすと、驚いて絶賛してきたりしますが、これを真に受けない方がいいです。これと反対の例として、留学生相手に教師をしている人とたまたま街で話して、「HSK何級持っているの?5級?」と言われたことがあります。その時、9級持っていましたが、相手にそれを言うと、「うっそ!?」という表情していました。これは正直に受け止めるべきでした。

書けば書くほど情けないですが、テストがあてにならない一つの例です。


つまり、現地にいた頃の私は、中国人に自分の話すことが通じるし、察してもらえるので、それでいいと思っていました。発音がもっとうまくなりたいなーと日々思ってはいましたが、その根本にある、母音、子音、無気音、uの発音など、一つ一つの音を正確に発音する重要性に気がついていませんでした。


現在は発音を真剣にやり直そうと思っています。
以前はまっていたNHKニュースのシャドーイングも危険なやり方だったと思います。


これまでを振り返ると、中国語にちゃんと向き合っていなかったなーという感じがします。
時々激しく落ち込みますが、今後は、毎週一つずつ音を決めて、集中的にトレーニングして矯正していきます。

大変長くなりましたが、発音トレーニングは大事だよ、ということを言いたかったのです。

ある通訳者からの励ましの言葉

昨日から通訳スクールが始まりました。授業の後、カフェでのんびりDanielle SteeLの本を読むつもりでしたが、とんでもありませんでした。あまりにできなくて、授業の後、頭の中は勉強のことしかなかったです。

そして、落ち込んだ私を励ましてくれたのがこのページです。
こちらのHP

そして手帳に書き出した言葉の一つがこれです。
「昨日の自分より少しでも上手な今日の自分を目指す」

さらに、
通訳訓練の中で自然に英語力がアップすることはもちろん期待できますが、その効果を実感できるようになるためには、提供された教材をありとあらゆる形で、工夫して徹底的に活用する必要があります。例えば5分程度の英語の教材を

1.シャドゥイングする
2.リプロダクションする(単文、パラグラフ)
3.ディクテーションする
4.和訳する
5.和訳したものを再び英訳する
6.自分の英訳とオリジナルを比較検討する
7.動詞を全て抜き出して、教材中の用いられ方と、それ以外の使い方を調べる
8.気に入った表現を抜き出して表現集を作り、暗唱する

・・・・・等々、できることは山ほどあるはずですし、ここまでやれば英語力がアップしないわけがないのですが、「英語力が伸びない!」と嘆く人ほど、何もやりません。


通訳学校で講師をされている通訳者が書かれているページです。説得力があります。
この他、講師が生徒を進級させる着眼点も書かれてあり、参考になりました。


このHPを読んで、この先生のおっしゃる通り、勉強してみました。

NHKworldニュースを一つずつ使用し、
①リプロダクション
②音読
③記事中の単語を調べ、他の使い方も調べる。
④サイトラ
⑤逆サイトラ(紙と音声両方で)
⑥気になる表現の書き出し

シャドーイングはやりませんでした。リプロダクションは、ここ2週間定期的にやるようになりました。
一時記憶強化のためです。おそらく、通訳する上で、私によって現在大いに改善を要するのが、一時記憶です。負荷があるトレーニングですが、今後も毎日継続します。


今日は4月17日ニュースのうち、2つのニュースを上記のやり方でトレーニングしました。これだけで結構時間がかかります。そして、中国語ニュースにそのまま対応する、日本語サイト(一部動画付き)を見つけました。
今日つかったニュースの一つがこれ

中文ニュースにそのまま対応しています。しかも動画付きなので、日本語の音声を聞いて、日→中のトレーニングまでできちゃいます。やっぱりNHKworldはすごいです。感服しました。

この後、人民日報のトップニュースをサイトラ、日訳書き出しをして、気がついたら8時間以上経っていました。
この他、朝、昨日の授業の復習もしたので、今日は9時間半中国語をやっていたことになります。

しかし、時間が足りないです。


今日は、不思議なことに集中力が途切れませんでした。
きっと焦っていたからでしょうね。昨日、新しいクラスで授業を受けて、私は一番ついていけていませんでした。
くやしいですけど、良いスタートになったと思います。気が引き締まって、おかげで今日はずっと集中できたので。とてもくやしいですけど・・・。


なんだか自分の中に残っていた甘さがなくなって、良かったですね。
これまで発音で悩んだり、効率的な勉強探したりして、無為に休日すごしちゃうことありましたが、
今は悩み始めても自分に「とにかくやれ!」とかついれるようにしています。


そして励ましとなった、
「昨日の自分より少しでも上手な今日の自分を目指す」
この言葉を毎日読み返そうと思います。

今日はなんていったって、「仮設テントの増設」を知っちゃいましたよ♪
昨日より進歩しました^^

ちなみに、「增加搭建临时帐篷」です。
CCTVでもこの通りに言っていました。NHKworld、すごいです。

あまぐりさま主催「中国語学習会・交流会」のお知らせ

中検準1級・HSK10級からの再出発のあまぐりさんが、中国語のプロを目指す方を対象に、学習会・交流会を開催されるそうです!

期日は6月12日(土)です。
ご興味ある方は、上記リンクからご覧になってみてくださいね。

この他、あまぐりさんの記事は学習のヒントがたくさん書かれているのでお勧めです☆

ノンストップ Danielle Steel

Danielle Steel の 「the Long Road Home」を読み始めて4日目になります。

どなたか読まれた方いらっしゃいますか。
日本語版が出ているか知らないですが、これ、面白すぎて止められないです!

今97ページまで読みました。全体の約5分の1です。

朝、電車の中で読むと、仕事開始後に続きが気になって仕方ないので
今日は帰りの電車でのみ読みました。お昼も危険です。それほど面白いのです。


きっと、平易な英語だからだと思います。
細部は理解できなくても、大体の情景を思い浮かべることができて、内容も理解できる、
易しめな英語だと思います。

ビギナー向けかもしれません。


自然に速読になります。続きが気になって仕方がないので。

日本語訳のシドニー・シェルダンを読んで止められなくなった、あの感じにそっくりです。


英語に触れるという動機で読み始めましたが、今では物語の虜になっています。
本の魅力と怖さはまさしくここにあります。

仲間効果!

今日は週末の中で、おそらく初めて5時に起きられました。最近、早朝勉強会の仲間たちの間で、「早起き生活」(右に貼ってあるグラフ)がはやっています。仲間同士でやると、自分一人で早起きしようと頑張るより、起きやすくなりますね。今日の5時起き成功はまさしく仲間効果でした^^

さて、今日は先週より勉強したのですが、予定全てはこなせませんでした。
でも最近、週末に勉強する時間が増えてきたので、この調子でいきたいです。

中国語:6時間
 ◆中級口語 第7課(全部) 次回の勉強会範囲  2/3暗唱
 ◆中国語常用フレーズ辞典 p31~35
 ◆中国語学習辞典 D2ページ分
 ◆ラジオ
 ◆NHKworld トップニュースのリプロダクション・CCTV見る

英語:3時間
 ◆アメリカ口語上級 第8課+音読復習(5課~7課)
 ◆Newsweek on air 聞く(iPhone) 1hr
 ◆Danielle Steel 読む 15pまで


中国語は予定の半分しかできませんでした。人民日報ほったらかし状態で、あまり良くないです。
CCTVも十分見られていないし。
中国語フレーズ辞典の他に、shrimp先生の壱萬語テストに参加することにしました。中国語学習辞典のDから参加です。この2つの辞典はあっと感動するフレーズがよく出てくるので、本当にお勧めです。


「中国語常用フレーズ辞典」


外国語おじさん特製進捗エクセルで、学習状況を管理すると本当に楽しくできます。今の、朝起きての楽しみにはこの辞典ですね。今全体の6.39%です。
いつも当日のノルマ5p(壱萬語は2p)をやる前に、前日のを音読して復習します。とくにフレーズ辞典は日本語から中国語にします。その後、新しいページをやるので、結構時間がかかりますね。平日は時間が限られていますが、今日は丁寧にやったので、意外に時間がかかりました。

中級口語のテキストも素晴らしいです。これもお勧めです。本当に優れたテキストだと思います。最近、お気に入り度が増してきました。

懸念は、口語強化と通訳トレーニングの両立ができていないことです。スクール開始後も、工夫して、会話強化の練習は是非とも続けていきたいです。

中国語も英語も色々なものを並行して、一本に絞ったやり方をしていないですが、私の場合はこの方が楽しく、飽きなくできて合っているみたいです。勉強場所をカフェに変えて刺激があるように、勉強媒体を変えながらやると、適度な刺激があり、メリハリがつきます。



来週からいよいよ通訳スクールが始まります。9月末まで毎週です。今期は前期よりさらに頑張ります。
今回はちょっと、戦いに挑む気持ちでいるんです。


そうそう、ペリオさんから教えて頂いて、講談社の中日辞典(第3版)買いました。ついでにジーニアス英日辞典も買いなおしました。
講談社の中日辞典は第2版を前持っていましたが、ぼろぼろになって捨てちゃったみたいです。中も英も電子辞書があるのですが、家では紙も使いたくて買っちゃいました。英語は紙の方が、イディオムなどは特に見やすいです。

TOEICの結果が届きました

3月14日に受けたTOEICの結果が届きました。

b486f4a8.jpg


自己予想の600点代より上で、嬉しかったです。
最後に受けた時の840より200点以上下がったら、かなり焦って英語に力入れるだろうと思っていました。


今回の結果を受けて、今年中に990を取るのを目標にします。


今回数年ぶりに受けたら、スコア表も問題も変わっていました。
ブランクを感じたのは、読解問題で時間が足りなくて最後の8問程は適当にマークせざるを得なかったことです。読むのに時間がかかり、リスニングも長文だとわからなかったり、かなりやり直さないといけないなあと感じました。

自分の今と過去の実力を比べるのに、こういう公式テストはいいですね。
今後も定期的に受けようと思います。


英絶をやっていたことを以前書きましたが、英絶のおかげで頑張ろういうやる気ももらえたし、また英絶が英語を中断したきっかけにもなりました。ステップ5が、英絶の著者のいうように進められず、悶々としてやめちゃったんですよね。勉強ノートの記録では、その日以来、ぷっつりと英語をやらなくなりました。

英語を最近、定期的に勉強するようになったのは、会社で英語ができると勘違いされているプレッシャーが一番の理由でした。もちろん個人的にマスターしたい気持ちもあったので、このプレッシャーのおかげで、最近は前より順調に勉強ができています。

英絶での失敗をもう繰り返したくないので、今後は必要以上に気張らず、楽しみながら勉強していきたいですね。幸い、今は中国語もやっているので、交互にやることで飽きることなくできると思います。

やはり、継続してこそ・・・・ですね。

今週は平日8分目で

今日は5時~6時、朝勉しました。

例の中国語フレーズ辞典の暗記です。今日も朝、5ページ覚えて、(外国語おじさん特製の)エクセル進捗表に記入してから、家を出ました。
文を音読するときは、一つ一つ丁寧に読むのを心がけています。


これは結構はまりそうです。エクセルに終わった所を記入する瞬間が、なんともいえず嬉しくなります。


また、昼と通勤時間を利用して、英語の勉強が2時間できました。勉強したテキストを復習を兼ねてリスニングしていました。昼は、「同時通訳が頭の中で行っているリプロセシング」の本を読みました。この英訳の考え方は、中訳にも応用できそうです。


今週は、平日4時半~5時に起きて、週末に余力を残そうと思います。
もちろん週末に爆発的に勉強するためです♪♪

これを考えると今からわくわくします♪♪♪

明日も4:50起きが目標です。
ではおやすみなさい。

新しい試み・今日の勉強

外国語おじさんの勉強法を眺めていたら、楽しそうなので、真似させて頂くことにしました。
外国語大好きおじさんのブログ

エクセルも真似させて頂き、ほぼ同じものを作りました。
最近お気に入りで毎日持ち歩いていた「中国語常用フレーズ辞典」を使うことにしました。

外国語おじさんのやり方は、週に2回予備日があり、継続しやすいと思います。この発案はすばらしいです。
進捗状況も%でわかりやすく、勉強の励みとなる良いやり方だと思います。


フレーズ辞典は全部で548ページあり、毎日5ページずつやって、日曜日を予備日にしました。現在の達成率は0.91%です。この計画で8月8日に終わる予定です。

全て外国語おじさんのやり方を習ってみました。これは最近落ち込みがちな自分を救うやり方ではないかと思い、とりあえずやってみようという気になりました。
(>外国語おじさん、どうもありがとうございます。)


今日は珍しくちゃんと勉強しました。
→ 中国語:7hr 英語:1hr20分

<中国語>
・次回の勉強会の範囲である第6課(2・3)の音読
・フレーズ辞典の暗記、瞬間作文練習
・ドラマのセリフの練習と気に入ったセリフの書き出し

<英語>
アメリカ口語上級 7課

勉強会のテキストを練習していたら、また発音で悩み始めて音読で数時間もかかってしまいました。
明天更美好さんの発音アドバイスの記事がとても参考になります。

1日2日で直せるものではないので、「今日は○○に気をつけよう」というように、毎回意識する項目を決めて練習していこうと思います。あまり思い詰めると、勉強が嫌になっちゃうので。


人民日報のサイトラは全くやりませんでした・・・。ディクテーションも。
時間がかかっている割には、あまり濃くなかったような。。

今週の勉強時間を計算してみたら、中国語21.3時間でした。英語は今日だけ。
中国語は1か月100時間やりたいですね。そうすると年間1200時間になります。

今週すごいなと思ったのは、水曜日です。出勤日ながら、中国語に4時間割いています。
朝勉を除いて隙間時間を利用すると、平日でもこれだけできるんだとびっくりしました。


ここ数日は、どうやら勉強の成果を出そうというあまり、焦ってばかりいました。反省。焦って勉強してもちっとも楽しくなりですね。朝勉や隙間勉強は、楽しみながらだとちっとも苦になりません。明日からまたこの状態に戻して、少しずつ前進していきたいな~と思いました。

金曜朝のブルー

木曜が過ぎると、勉強会が終わったので、とっても気楽になります。
金曜は寝坊しちゃうことが多いですが、今週は4:20に起きられました。

まずCCTVニュースのディクテーションしました。今週は朝勉で、全部で3つやりました。
これをやると自分がいかに聞きとれていないかを、書き出すことで実感できます。ニュースを聞くだけだと、わかっているつもりになるのですが、書き出すと、「ああ、全然聞きとれていなかったんだな」とわかるのです。

原稿のないニュースなので、いつも穴ぼこだらけ。

その後、音読をやりはじめたら、発音が気になり始めちゃいました。

最近は発音を過度に意識すると、悩みホールにはまってしまうので、あえて考えないようにしていたのですが、金曜の朝はつい考え始めちゃったんですね。そしたら、真剣に悩み初めて、職場につくまで頭から離れませんでした。


職場について、なんとか頭を切り替えました。

週末の今日はドラマを見ながら、一時停止→セリフの繰り返しをやってみました。


中国語で発音で悩むと、絶望的な気分になりませんか?
私はなります。これまで何度もなってきましたが、とにかく気になって仕方がないです。
ドラマのセリフを真似して、繰り返してみると、普段力をいれないリズムやイントネーションが少しできているような気がします。メリハリがつくというか。

でもドラマを見ながらやると、その世界に感情移入しちゃうんですよね。今日使ったのは「爱情占线」です。ミュージック(効果音)が良くて、勉強終えた後も、ドラマの中に身を置いているようでちょっと困ります。テレビドラマを見なくなったのも、感情移入して、その世界から自分が抜け出せなくなっちゃうからでした。まさしくそんな感じです。


これは読書にもいえます。私は本読むのが好きですが、ここ数カ月ビジネス書しか読んでいません。これも、本の世界にどっぷりつかって、他のことが手につかなくなるからです。以前、夜10時頃に読み始めたら、気がついたら小鳥の鳴き声が聞こえて、朝になっていることがありました。


帰国して8カ月になりますが、読書や他の好きなことをほぼ絶った生活を送っていました。今回発音で悩み、もんもんとしていたので、実に久しぶりに絵を見に行きました。絵を見るのが好きで、以前はしょっちゅう上野まで言っていたのですが、帰国以来、一度も行っていませんでした。

絵についてはよくわかりませんが、絵を通じて画家の生涯を思いめぐらすのが楽しいです。昔はゴッホの生涯に興味を持って、フランスへ行って、絵を描いた場所やお墓や自殺したと言われる場所などへ行って、彼の足跡たどりもしました。それがあって、フランスは私の一番好きな国です。フランスを愛しています。中国が一番好きな国になればもっといいのですけどね。


・・・余談でした。


当面は、ドラマのセリフを練習しようか、他のことをしようか迷っています。なんだか、さまよっている感じです。
前紹介で書いた、「中国語常用フレーズ辞典」を本格的に始めるのもいいなあと考えています。
livedoor プロフィール
最新コメント
follow us in feedly
メッセージ

名前
メール
本文