February 2011

新しい音読用テキストとして

発音トレとして、今まで「高级汉语听说教程(上)」の第2课を練習してきました。先生にこの文章の音読を見て頂いてから、2カ月になります。もうすぐでOKもらえそう?という感じ(いや、どうだろう。甘いか)。私としては、だいぶスラスラ読めるようになりました。

実は、半年ほど前、この文章を音読したのを録音したものがあります。
私は録音魔なので、1年ほど前まで探せば出てきそうです。

普段、発音トレする時も、iPhoneに毎回録音→チェック→音読→音読→再び録音→チェックを繰り返しています。

半年前のを聞くと、あまりにもひどい!!中国語をなめきった発音をしています。今の私からすると許しがたい発音です。
今はだいぶましになりました(と思う)。今使っている文章に関しては、です。他の文章を読むとまだまだ全然です。
まず、先生から1つの文章のOKを頂くまで、引き続きこれでがんばります。

ちなみに、これだけ練習すると口をついてすらすら出てくるようになるので、
練習の時、テキストをみずに音読しています。先生がおっしゃるには、暗記を音読している時の方が、発音の弱点が出やすいとのこと。

この2ページにわたる文章を、一体何回練習したでしょう?わかりません。
ボクサーが何度もサウンドバッグをたたいて、試合の時、意識を失っても練習で身体が覚えたあのワン・ツーが自然とでてくる、あの境地にならねばです。私はまだボクサーの域には達していません。

先生によると、1つの文章を完璧に矯正できるか、が大事とのことです。
確かに。同じ文章をこれだけやると、自分の弱点がわかってきます。よく飽きて、私は別の文章を音読してみたりするのですが、自分の弱点が出そうな個所に敏感になりました。

さすにが同じ文章はあきたので、サブとしてテキストを用意しました。
「商談の中国語 貿易と投資」です。
こちらは通訳の現場で使う表現(とくに貿易)が豊富なので、並行してこちらの音読もはじめました。


こんな感じで発音練習、楽しみながらやっています。まだまだだけど、そういえば落ち込まなくなりました。


****
勉強の記録

2/26
発トレ 1.5hr
藏地密码 3hr
■計 中国語(4.5hr)、英語(0hr)

2/27
発トレ 2.5hr
商談の中国語(調べ) 1.5hr
藏地密码(p171まで) 3hr
TIME 70分

■計 中国語(7hr)、英語(1hr)

300冊読破レース19冊目「高盛阴谋」読了~!

高盛(Goldman Sachs)是众所周知的华尔街大亨的投资银行。此书讲述次贷危机发生的背景以及雷曼兄弟和贝尔斯等等华尔街大腕相继倒塌的背景。这些背后都有高盛的影子。如果我精通金融,尤其是掌握次贷危机发生的种种缘故的话,就好说了。可我不懂金融,有关金融界的知识少得可怜。所以很多部分我硬着头皮读了。读了也还是搞不懂。特别是此书一而再,再而三地出现金融界的各个人物的名字,却都是汉语,实在让我头大!

通过此书我了解到基本又基本的有关华尔街的知识。比如高盛和雷曼兄弟以前是亲密的合作关系。后来他们的关系渐渐变得对立起来。作者说高盛做空雷曼兄弟。雷曼兄弟状告了高盛,也没能收回巨大亏损,最后破产了。事实当然不能这样三言两语就能说明白。虽然我不懂这些背后的细节,但读起来能感觉到当时华尔街的紧张局势。

另外,我了解到国会山的领袖人物当中有不少出身高盛的人。比如前财政部长亨利·保尔森。他曾经是高盛的掌门人。先保尔森担任财政部长的鲁宾也是。世界银行行长的佐利克也是高盛前副总裁。他是小布什亲自点将任命的。

此书还讲述怎么把奥巴马推上总统宝座,怎么把他的对手希拉里·克林顿从舞台上拉下来。按照此书,简单的说,曾经受到高盛捐款的希拉里后来却得罪了华尔街大腕,她翻脸不认人,把高盛赚钱的真相暴露下来。这下高盛非得把希拉里滚蛋不可。他们投资奥巴马,捐款了巨大金钱。我不知事实是否如此。我只能猜测华尔街大腕很可能拥有这样左右政治的力量。看来看去,我不由得想到眼前的世界,其实很多部分可能是虚假的,或者被人为制造出来的。背后肯定有一般人无法知道的真相。太复杂了。


此书出现的关键词语。
·高盛
·雷曼兄弟
·贝尔斯等
·花旗
·美林
·美联储
·北方钢铁
·深南电
·国会山
·做空
·卖空
·抛空
·做多
·次级债市场
·次贷危机
·违约呼唤利率
·对冲基金
·南非第一标准银行
·埃尼集团
·壳牌
·抵押债务证券(CDO)
·信贷掉期合约(CDS)
·看跌期权
·标准普尔评级公司
·亨利·保尔森
·劳埃德·布兰克费恩
·摩根
·理查德·福尔德

上面只是我记得一部分,此书出现的固有名词远远超过这些,时不时打击我继续读书的欲望。
有了时间,我打算查一查这些词语。
有兴趣,你们也去查吧。

◆◆◆◆◆

高盛阴谋
272ページ
27万字

2/20
発トレ 120分
本    330分(次の本:28ページまで)
■計 7.5hr

300冊読破レース18冊目「暗算」読了

为什么我喜欢看书?答案在于此书。书的意义就是它能让我们知道原来无法知道的事实。有些人,有些事情,我们在出生之前已经发生过,甚至从未向世上暴露过。

此书主要写着曾经存在的一个国家级秘密机构701和在那里工作的个个人物,应该说把自己的人生奉献给祖国的英雄们。不管人们有怎样的想法,我觉得他们是英雄。一时我很羡慕他们所拥有的这样爱党之情。

什么是701机构?要说明,时代得回到上世纪中叶。701是共产党的通讯机构,他们得破译密码来得到敌方的行动计划,以攻击蒋介石的国民党。这个特别单位可以分成三个部分,一是听风者,指的是能听到天外之音的人。二是看风者。搞密码破译的人。他们用脑子来分析敌方的计划。此书最精彩的是这部分。三是捕风者。就是搞谍报的人。

因为这是关系到国家的大秘密,所以他们的命是其次的。特别是捕风者,就是搞谍报的人,他们已经把性命置之度外。书写着他们只能这样。靠的是远在星辰之外的运气。作者说每个国家都有这样的特别单位。701特别单位的存在是到解密日才被世上的人所知道的。解密日之前701的故事无人知道。有了解密日,就有此书。

我有点感动了。对这些英雄们,同时对把701的故事告诉我们的此书。

很多人可能最喜欢黄依依的故事,而我最喜欢的是此书最后出现的人物,“你母亲”。

◆◆◆◆
「暗算」
287ページ
24万字


2月11日の勉強記録

発トレ 90分
本   210分
■計 5hr

最近の勉強記録

2月1日(火)
発トレ 180分
本 30分
■計 3.5hr

2月3日(木)
発トレ 90分
本 60分
NHK同通トレ 30分
■計 3hr

2月4日(金)
発トレ 70分
本 65分
NHK同通トレ 25分
■計 2.5hr

2月5日(土)
発トレ 120分
本 240分
レッスン 120分
■計 8hr


今週は毎日4時起きを遵守します!
livedoor プロフィール
最新コメント
follow us in feedly
メッセージ

名前
メール
本文