August 2011

中国語に癒される

2週間更新できませんでした。とても久しぶりな感じがします。

更新できない間も見に来てくださる方たちがいるとうれしいですね。
励みになります。ありがとうございます。
毎日更新できないのが残念です。

◇◇◇◇◇◇

仕事が忙しくなってきて困っています。
今月は残業が70時間に達しそうです。。。

勉強時間の記録をみると、昨日までの1週間の総勉強時間(14時間ちょっと)が、1日の仕事の拘束時間と同じになっています。私の許容範囲を超えました。この生活を続けていたら、何年経っても通訳になれません。平日は1時間、勉強時間を捻出するので精一杯です。

このため、8月は勉強時間が激減しました。
毎日勉強したいと思っていた反動か、今日はむさぶるように勉強しました。
音読、文化苦旅(余秋雨)、中国語評論番組、南方週末・・・とやりたいことを次々に。
先週まではガイド試験の勉強(歴史、地理)などをこつこつやっていたのですが、普段どおりの中国語の勉強ができないことが大きなストレスとなっていたようで、今日は気持ちの赴くままに中国語に触れました。

おかげで、疲れが大分癒されました。
全然足りないけど。明日はガイド試験の勉強用にお休みを頂いたのですが、おそらく明日も普段どおりの中国語の勉強をしちゃうかも。いや、したいです。


1日でも中国語から離れるのは、レベル維持のためによろしくないと思って、毎日中国語に触れるようにしてきましたが、
今日の中国語をやりたくて仕方ない願望は、今まで感じたことがないほどのものでした。
「飢え」と表現した方が適切かもしれません。


余秋雨の「余秋雨读本」を今年1月に読んで、ブログでもまとめをアップしましたが、
当時は、あまりに難しくてしばらくの間、余秋雨は読めないな、と思っていました。
今読んでいる「文化苦旅」の半分以上は「余秋雨读本」で出てきた散文です。
つい最近(7月くらい)までは、「文化苦旅」は難解だから読むつもりはありませんでしたが、
先週、何かに抑えられなくなったように読み始めました。
今日も気持ちが落ち着くまで読んでいました。


勉強できないことが大きなストレスになっていたせいか、
一番、中国語が濃厚かつ難解な「文化苦旅」をじっくり味わいたくなったのだと思います。
私はこんなに中国語が好きだったのか、と自分でもびっくりです。


仕事では幸いストレスは感じていません。
私の場合は、中国語の勉強時間が減少すると、ストレスが増えちゃうようです。


あんなに敬遠していた「文化苦旅」をこんなに読みたくなるとは。
一文字一文字が身体の中に浸透していく感じがします。
今日は勉強ができて、とても幸せでした。
疲れていた心も癒されて、エネルギーが充電されました。

明日も勉強するのが楽しみです。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇

8月21日(日)
・音読
・文化苦旅 p74-154
・凤凰卫视 时事开讲
・南方週末 8/18

計 9時間15分


★音読テキストは、「商談の中国語 貿易と投資」を使っています。年内に丸暗記します。
長文の簡単な暗記法(暗記に努力がいらない理由)について、また改めて書きたいと思います!

300冊読破レース33・34冊目読了

33冊目
三毛 雨季不再来


34冊目
三毛 撒哈拉的故事



まとめは今回は書かなくていいですよね?

スキップしちゃおう。
livedoor プロフィール
最新コメント
follow us in feedly
メッセージ

名前
メール
本文