March 2013

惚れてしまった。

iPad miniを買ってから、生活が変わりました!
ネット環境をWifiにし、朝も夜もiPad miniで中国語三昧です。すごいです!

リスニングをアップすべく、ドラマを毎日見ています。
朝は「東方時空」を見ながら支度を。料理中は「北京ラジオ」を聞き。
眠れぬ夜はオーディオブックを聞きながら眠りにつき・・・
最近は離れられずに、入浴中もiPad miniを見たり・・・
そして大切な余暇には、愛しい原書で読書にふけり・・・

相変わらず音読練習をおざなりにしがちなのですが、
友人たちとの勉強会のおかげで、成語本を音読したり、
新闻联播のニュースを聞いて、スクリプトを音読したり、
徐々にですが以前よりは自主トレの意識も高まっています。

数年前では考えられない学習ツールの充実ぶりです。
中国語については、原書以外は本を買う必要がありません。
全て無料で勉強道具が手に入ります・・・!

iPad miniを使った効果的な勉強方法を教えてくれた友人に感謝感謝です。

最近好んでやっている練習は下記です。
①新闻联播のスクリプト尽きアプリで、サイトラ・音読練習
②CCTVのスクリプトでサイトラ・音読練習
③アプリでドラマ鑑賞
④実用中国語成語1000の暗記
⑤原書

①②④は友人たちとやっている勉強で、とても気に入っています。
今日は、CCTV焦点访谈のサイトラ練習を1本やったので、
明日はこれの同通練習をやります。

⑤原書は、文学に目覚め始めました。
当面読みたいのは、毕淑敏,路遥,刘振云,严歌苓などの作品ですが、
まだまだ他にも文学上著名な作家がいることがわかってきましたので、
しばらくは文学作品にしぼって読んでいく予定です。
中国語ほど美しい言語はありません。
書き言葉では、中国語が最も美しく、知性に溢れた言語です。

惚れてしまいました・・・。


300冊読破レース73冊目 《一句顶一万句》読了&まとめ

我看完这本书快十天了。看完了又看完别的,可一闲下来想起来的就是这本书。这十天我一直想来想去《一句顶一万句》的要点是什么?我恐怕自己没有悟出其中的道理。第一次看获得茅盾文学奖的作品,最吸引我的是,两个关键人物最后都去寻找和自己说得着的人。

《一句顶一万句》里出现的两个关键人物,吴摩西和牛爱国,他们活在不同的年代,其相差有大约一百年。小说的前一半是吴摩西,后一半是牛爱国的故事。尽管两个人活在不同的年代,不同的家庭,不同的环境,但两个人走的路很有相同之处。

他们都跟自己的老婆说不着。后来老婆跟别人跑了。虽然他们心理上一百个不愿意到外面把老婆找回来,但为了面子上说得过去,为了对街坊邻居能够有个交代,不得不去假找。开始他们都打算假找十天就回来,他们本来不要跟说不着的老婆再生活下去。但假找的路上,吴摩西因为丢失他唯一说得着的女儿而拼命的去“真找”;牛爱国为了寻找能够诉说自己烦闷的朋友,去找朋友投靠,而在其寻找的路上,忽然明白自己应该找的说得上的人是谁,也同样去“真找”。

他们俩都去寻找和自己说得上的人,是为了摆脱自己的孤独。我发现,跟别人跑了的老婆们,也是为了和自己说得上的男人而跑了。
这些“寻找”似乎故事里面的老詹说的‘信了主,就知道自己是谁,从哪儿来,到哪儿去’有很大关系,也是作家的一种留言。就像吴摩西年轻时就一直琢磨自己究竟会到哪儿去,小说里的人物似乎都下意识地寻找自己应该找到的那个人。

《一句顶一万句》里面出现的人物之多,当初让我很着急,怕记不住所有的人物关系。但我看进去之后马上就发现,这些众多的人物,一点不让读者费尽,反而繁多的人物似乎凝聚了一定的含意。不管无意识还是有意识,我们都寻找和自己说得上的人,找到了“这人”,我们才能够摆脱自己的孤独,也找出“自己到哪儿去”的答案。这样想,我就觉得人原来可以活得更简单,更轻松。

《一句顶一万句》的文字和我看过的其他小说很不同,独具匠心,短小精悍。我从来没看过这样的文章。人物出现的那么多,却没有令人头脑混乱,说明刘震云搞的构思很有条理。故事前后看上去没有关系,但从整体上很流畅而清晰,令人不得不佩服。我一百个肯定《一句顶一万句》是个耐看的好作品。我大力推荐大家都看一看。真是值得一看。

-------------------------------------------------
《一句顶一万句》
刘震云 著
362页
365千字
读书期间:2013/3/4 - 3/20
写作时间:75分钟

面白度:★★★★★
難易度:★★☆☆☆
病みつき度:★★★★★
-------------------------------------------------










スクールを終えて

スクールが終わり、週末を恐れずに生活することができるようになりました。
来期も通う予定なので、束の間の解放ですが、自由を新たに得たような、
すがすがしく、心の底からわくわくするような気持ちでいっぱいです。

半年通ったスクールは、収穫が予想以上に大きく、
そして得がたい貴重な勉強仲間もできました。
クラスメートの協力しあう雰囲気がとてもよくて、大変居心地の良いスクール生活を
送らせてもらいました。同通だからでしょうか、同じブースに入って練習するためか、
仲間意識が沸きます。いつかみんなと本番で仕事できたら・・・と心から思えるような
すばらしいクラスメートたちでした。彼らと半年勉強ができたことも大きな収穫でした。

先生も真剣に向き合ってくれ、弱いところについては、こうするとよい、
とアドバイスを下さいました。
先生が言ってくれた「“量变”能带来“质变”,相信通过自己踏实勤奋的努力,一定能实现更大的进步」にずしりと胸を打たれました。思わず胸が熱くになる言葉でした・・・・。
クラスの足をひっぱるばかりで、来期は降格かと心配していましたが、
引き続きこのクラスに通えることになったので、はりきって来期も通うことにしました。

スクールが終わった開放感から、すっかり好きな勉強に集中していまっているのですが、
やはり原書は非常に非常に面白いです。「毎日原書だけ読んで暮らしていけたら」と幻想の
ようなことを、出勤の度に考えています。

72冊目で読んだ莫言のまとめは一つ前の記事で書きましたが、ノーベル文学賞受賞作家に対し、文学をわかっていない自分がこんなこと書いていいのかしら?と思いましたが、
思うままに書くことにしました。

私が文学をわかっていないから、彼の作品がつまらなかったのだろうか・・・
と思っていたところ、昨日から劉震雲の「一句頂一万句」を読み始めたら、
こちらは面白くて止まりません。
これもまた不思議な文体で、読み進められるか心配になりましたが、まったくの杞憂でした。
あっという間に物語に引き込まれていきます。

ただ、原書以外にも、通訳トレーニングをしないといけないので、
そろそろ自主トレーニングにも力を入れていかなければなりません・・・・。
今後の課題は音読(口に出す練習をとにかく増やす)とドラマの量を増やすことです。



300冊読破レース72冊目 《天堂蒜薹之歌》読了&まとめ

这部作品又没有出乎我的预料,又辜负了我的期待。我这样一说是因为,在翻译学校课上,我们正好用过莫言的演讲用来同传练习。可能很多人已经知道他的演讲叫《讲故事的人》。网上有视频,有稿子。在上课准备时,我浏览稿子就觉得他的文章不像是一名小说家写的,让我感觉莫言想说什么就说什么。这不算什么,文字本来不要有那么多规矩,这样更有个性。但也得有个起码的条理。莫言的演讲,在我看来没有思路,尤其是后一半,我不懂他临到总结为什么要提那些段落。不仅我一个人,其他同学也纷纷表示他的稿子没有清晰的条理,让人怀疑他是不是货真价实的小说家?我们议论了一番,最后做出了这样的推测;原先准备的稿子很长,可能因为演讲时间的关系,莫言不得不省掉后一部分,才造成这样令人感觉不完整的演讲。

我不知道使莫言获得诺贝尔奖的主要作品是哪一个。只看了一本就对作家下结论,可能为时过早。同一个作家的作品,当然会有卖的好的,也会有卖的不好的。但作品之间的差距会究竟是多大呢?依我看,不会那么大。我很遗憾的说,我可能喜欢不上莫言的文字。

《天堂蒜薹之歌》的焦点很好。把真实事件作为主题,小说反映了天堂县发生的蒜薹事件。当时政府号召农民们大力种植蒜薹,农民们正要去卖蒜薹时,政府宣布冷库已满,不能再收购,也不理农民们的诉说。为了卖出蒜薹,这些农民排队整整一天。知道辛辛苦苦种植的蒜薹至今滞销的消息,数千农民聚集县政府大楼打砸抢县长办公室,就导致蒜薹事件。蒜薹事件发生时,政府没有采取应急措施,既没有事先做好充分的收购计划和必要的预备,又没有寻找别的收购渠道,以避免农民情绪爆发造成事态扩大。莫言用这蒜薹事件的三个人来展开两个不同的故事。

《天堂蒜薹之歌》着眼于社会弱者来反映出当时社会充满矛盾的现实,严厉批评官僚主义和腐败现象,也显示中国社会存在的包婚姻问题。这个着眼点很好,给我提供了解中国社会和中国人传统思想的很好提示。我感到遗憾的是,莫言写得太乱七八糟。时间的前后交叉有点过分不说,现实描述和回想情景转变的没有起码的规律,让人感觉一下子就写完,莫言连回头都没有看过,写得如同发泄似的。难怪,在后记莫言说他只用了35天写完了《天堂蒜薹之歌》。

但我心里也好矛盾,说来说去,《天堂蒜薹之歌》留下的印象还是很深的。就是我喜欢不上他的文字。有些情景,我都不敢边吃饭边看书,让人觉得很恶心。但这样恶心的描述很可能对反映出那些弱势群体的生存状态起到了充分的作用,也增添了情节的逼真性。

我先接触过莫言的演讲,因此《天堂蒜薹之歌》的故事结构也在我的预料之内。尽管看完了之后觉得很有印象,作品的意义很深远,但读的过程,我从来没有这么鼓舞自己往前看。要在平时,抓住一分钟就看一分钟,很舍不得合上书。而这次,看了三分之一,就不想看了。但若停下来不看的话,我怕今后再也不会有心思去看莫言的作品。只看一本下结论还早着呢,这样说服自己,好不容易看完了此书。我倒还真想听听别人会怎么想的。

-----------------------------------------------------
《天堂蒜薹之歌》
莫言 著
331页
274千字
读书期间:2013/2/10 - 3/3
写作时间:70分钟

面白度:★☆☆☆☆
難易度:★★★★☆
病みつき度:★☆☆☆☆
------------------------------------------------------






livedoor プロフィール
最新コメント
follow us in feedly
メッセージ

名前
メール
本文