December 2014

怒涛の2014年

今年はイベント盛りだくさんのあっという間の一年でした。

仕事面では通訳をする機会はとても少なかったですが、春から英語を使った仕事でも声がかかるようになり、通訳・翻訳ではないですが、語学を活かすという意味ではいろいろな仕事をさせていただきました。波はあるものの、月の収入が会社員の頃を超えることもあり、今後営業活動と人脈を広げる活動にも力を入れていけば、フリーでもやっていけるのではないか、という感触をつかめた点では良かったです。しかし全体的にはまだまだ厳しいです。通訳、翻訳どちらかに絞るよりも、両方+αをこなすことでフリーランスの安定感が増す気がします。今年はこの「+α」が大部分を占めたイレギュラーな1年でした。裏を返せば、通訳・翻訳の面では不安定であることを意味するので、仕事再開後はこちらにもっと力を入れていきます。

プライベートでは、結婚、結婚式、妊娠、引っ越し、出産と、人生のビッグイベントが集中した1年でした。「季節を感じないね」が食卓でおなじみのフレーズです(笑)ここ3年は、「1年前には1年後にこんな風になっているなんて想像もしなかった」と毎年思っています。


勉強も細々と再開しました。習慣とはおそろしいもので、みなさんの学習ブログを拝見していると、焦る気持ちは起こらないものの、うずうずしてくるのです(笑)勉強していないとなんだかしっくりこないのです。仕事はしばらくは受けない予定でしたが、分量の少ない翻訳のご依頼をいただいたので、今日は翻訳をやりました。日中はやっぱり難しいです。

この年末年始に来年の目標をのんびり考えてみます。あれこれ欲張りがちですが、欲張らず、限られた時間の中で優先すべきことを考えることにします。

10月のTOEIC結果

10月にTOEICを受けました。今年夏に英会話スクールの無料公開模試を受験しましたが、公式試験は約3年ぶり。結果は嬉しいことに今までで一番良いスコアでした。


7年ほど前に英語にはまっていた時期がありましたが、半年燃焼した結果、TOEICの結果が840と、850の壁を越えられなかったため、すっかりやる気を失い勉強から離れてしまった経緯があります。別にTOEICのスコアアップを目標にしていたわけではないのですが、850の壁は自分には越えられないのだ、と諦めたのをよく覚えています。

英語に再度真剣に取り組み始めたのは今年から。前半に半年翻訳学校へ行き(復習はまだ…)、夏からはラジオの実践ビジネス英語とEconomistの読解。それ以外には、仕事で英語文献をたくさん読む必要が生じ、特に今年の夏以降は英語にたくさん触れていました。自然にスコアがアップしたのは英語にたくさん触れていたからだと思います。数年前に越えたかった850を越えることができましたが、自分の英語は日常でもビジネスでも使えるレベルでないことを承知しているので、今後も引き続き「使える英語」を軸に勉強を継続し、その結果、自然にTOEIC満点取れた!を目指したいと思います。


livedoor プロフィール
最新コメント
follow us in feedly
メッセージ

名前
メール
本文