July 2016

9月に严歌苓の作品を読んでみませんか? オンライン原書会・第3回のお題  #中国語原書会

オンライン中国語原書会9月は私が主催させていただきます☆

天天さん主催のオンライン中国語原書会をまだご存知ない方はこちらからどうぞ!

9月やります!と言ってから、何を課題本にしようか随分と迷いました。
私は小説を読む際に、人よりも感情移入しやすいようで、私が感じたこと、例えば「すごく良かった!」「号泣した」といった感想も、他の方が読んだ場合、「そんなことなかった」となってしまったらなんだか申し訳ないな、、、というのが長い間迷っていた理由でした。

散々迷った結果、第3回のテーマはこれにしました!

严歌苓の作品を読んでみる。

期間:2016年9月中
お題:自由な感想。(作品によって私が聞いてみたい感想は記事の後半をご覧ください)。


严歌苓の作品は意識したわけではないのですが、気が付いたらわりと読んでいました。
作品によって難しいと感じることもありますが、「外れた」と感じたことはなかったからだと思います。

飽きることなく彼女の作品を楽しめているのは、
女性主人公(男性の場合もあり)の芯が強いこと。愛情であれ、動乱の時代であれ、理不尽な環境であれ、描かれる女性が"強い"という印象があります。(作品によってそうでない場合もありました)。

オンラインレッスンの先生に、「严歌苓が好き!」と言った時、彼女の作品に出てくる主人公にどんな共通点があると思う?と聞かれて、すぐ出てきた答えがこれでした。

また、同じ作家が書く作品は、ストーリー展開に似た印象を感じることがしばしばありますが、严歌苓の作品は各作品に類似性を全く感じず、テーマも描く人物も様々で、"飽きる"ことが全くありません。

私は《妈阁是座城》を読む予定です。賭博をテーマにした作品のようです。


参考までに私がこれまでに読んだ作品の一覧と簡単な内容紹介を以下に書きましたので、よろしければ参考にしてください(順不同です)。
これ以外にもまだまだありますので、他の作品も調べてみて下さいね!




《赴宴者》
難易度:★★☆☆☆
主人公は男性。生活のために記者と偽ってホテルで行われる宴会に潜り込んで生活費を稼いでいた主人公は、社会の片隅にいる人達の話を耳にするうちに本当に記事を書くようになります。社会問題を反映した作品で、严歌苓第一作目で彼女のファンになりました。

《陆犯焉识》
難易度:★★★★
妻の夫に対する変わらぬ愛情が描かれた作品。妻・冯婉喻の愛から受けた衝撃は未だ収まりません。「妻への家路」という邦題で映画化されていますね。映画は小説の最後の数十ページを描いたものとのことで、映画を見ていない私が言うのもなんですが、全体を知っていただきたいです!! 私の中で冯婉喻は《活着》の家珍とダブります。


【読んだ方に聞いてみたいこと】:最も印象に残ったシーンはどこですか?私は2つありました。


《第九个寡妇》
難易度:★★★★★
严歌苓の作品で最も難しく苦労した作品。でも読了後、読んで良かった!最後まで頑張って良かった!と思えた作品でした。中国の近現代史を理解されている方には読みやすいと思います。私は背景知識が足りずに苦労しました。あの時代に世間の常識にとらわれずに自分が正しいと思うことをやり遂げた主人公・王葡萄の物語です。

《一个女人的史诗》
難易度:★★★☆
30年間、一人の男性を思い続けた女性の話。夫に大事にされず、女の影が絶えない夫に嫉妬しながらも、夫への愛情は変わることのない主人公が、次第に愛しくて仕方なくなりました。「愛する人には愛されず、愛していない人に愛される」ことが存分に描かれています。

《寄居者》
難易度:★★☆☆☆
1930年代、中国へ逃げてきたユダヤ人青年・彼得に恋をした主人公・May。ホロコーストの実行が迫る中、彼がアメリカへ逃げられるよう、Mayは彼にそっくりな米国人青年を利用して、彼得を助けようとします。文章は読みやすいです。最後の結末は今読み返しても鳥肌が立ちます。去年、映画化されたようですね。

《小姨多鹤》
難易度:★★★☆
戦後、日本の開拓団が逃げる過程である中国人に助けられた多鶴は、その家で暮らすことになりますが、その家に住む若い夫婦の妻は、子どもを産むことができないため、多鶴が代わりに子どもを産むことになります。次第に中国語を覚え、生活に慣れていく多鶴ですが、彼女の"日本人"という身分が後に厄介な問題となって一家にのしかかっていきます。

【読んだ方に聞いてみたいこと】:最も印象に残ったシーンはどこですか?

《床畔》
難易度:★☆☆☆☆
植物状態だと誤診された男性を熱心に看護する女性の話。誤診なわけがない、と彼女の話に耳を傾けようとしない周囲の反応に憤りを感じました。世の中の悲しい事件を耳にする度に感じる、胸が締め付けられる感覚が読書中ずっとあり読んでいて辛かったのも事実。でも読んで良かったと思っています。

《老师好美》
難易度:★☆☆☆☆
严歌苓の作品の中では異色の印象を受ける作品でした。担任教師に恋をする男子高校生と女教師が登場人物。三角関係の末に起きた殺人事件の事件前・事件後が詳細に描かれていて、最後まで一気に読めました。 (kindleで読んだので写真にはありません)。

【読んだ方に聞いてみたいこと】:
①結末について(刘畅)どう思われましたか?(またはこういう終わり方はどう思いますか!?)

②女教師・丁佳心についてどんな印象を受けますか?


ちょっと早いですが、
10月の原書会は「严歌苓を熱く語る中国語原書会」にしたいと思います!
(9月はママ原書会と通常原書会を準備中♪)

以前の記事で書いていた時はもう少し先になると思ってましたが、秋に実現できそうです!

オンラインとリアル原書会では、私は異なる作品を紹介したいなあと思っていますが、同じでも構いませんので、ご参加いただけると嬉しいです。日時が決まりましたらまたご案内します。


-------------------------------------
【募集中のイベント情報】
引き続きお申込みお待ちしております!

8/11(木)【プレ中国語原書会のご案内】中国語の原書を読みたいのになかなか読了できずお悩みの方、集まって交流しませんか?

イベント情報の案内を見逃したくない方はこちらからどうぞ。
イベント情報の事前案内に申し込む

池袋の大型書店にも中国語の原書は置いてあります!

以前の記事でもちらっとご紹介しましたが、今回は写真付きで。

池袋のジュンク堂本店9Fの奥には洋書棚がずら~と並びますが、
その中に1棚だけ中国語の本が置いてあります。

全体の写真
IMG_8999

棚の真ん中

IMG_9001


棚の上段には中国の作品が並びます。

IMG_9002


下段には日本の小説の翻訳版があります。
全体に占める割合が半分くらいなので、ジュンク堂池袋本店では翻訳版が多めな印象を受けました。

IMG_9003


読んだ後しばらく夜怖くて眠れなくなった「黒い家」もあります。

IMG_9005

三体もあるある!

IMG_9007

訪れたのは6月末なので、現在陳列されている作品は写真とは異なると思います。

大型書店に中国語の原書が置かれていると購入しやすいですね。

池袋には、北口にもう1軒、中国語専門書店があるのですが、ここ数年行っていないので、
次回行く際に中をのぞいて来ようと思います。


★---------------イベント情報----------------------★
通常の原書会では他の参加者は既に知っていて聞きづらいことでも、
この日ならかなり聞きやすいと思います。ご興味ある方はぜひ!

8/11(木)【プレ中国語原書会のご案内】中国語の原書を読みたいのになかなか読了できずお悩みの方、集まって交流しませんか?

イベント案内のお申込みページを作りました

IMG_6554


ようやくできました(^^;) 難しいと思っていたら簡単でした。

イベントのご案内は、今後はブログで告知する前にメルマガで配信させていただきます。

事前のご案内をご希望の方はこちらよりお申込みをお願いいたします。
手続きはとても簡単です(^^)

イベント情報の事前案内に申し込む



-------------------------------------
【募集中のイベント情報】
お申込みを早速いただいております^^ 引き続きお申込みお待ちしております!

8/11(木)【プレ中国語原書会のご案内】中国語の原書を読みたいのになかなか読了できずお悩みの方、集まって交流しませんか?

最近はリプロダクションを家の外でやっています。

歩きリプロを始めました。

子どもを保育園へ送って自宅へ戻る時にやっています。

まだベビーカーで送迎しているので、片道20分強の時間は耳を活用するのに良い時間なのです。

以前はお気に入りラジオ番組《叶文有话要说》(喜马拉雅FMで聞くのがおすすめ!)を聞いていましたが、それをちょっと我慢してリプロタイムにしてみました。

小さな声でぶつぶつやっていますが、大きな声を出せない他は、机に向かってやるのとそんなに変わりません。手でiPhoneを持ちながら、復唱するときは前を向いて、前に戻す操作をする時にだけ画面を見るくらい。

リプロを外で片付けられると、夜の時間を他のことにあてられて良いですね。
片道20分ちょっとでもNHKニュース1本は大抵消化できます。
大通りを歩く時は声を出しやすくていいですね。

実はこの練習のヒントもまるちゃんさんからいただきました。
まるちゃん通訳勉強記

まるちゃんさんのブログは通訳の勉強法について参考になることがたくさんあります。
貴重な情報をありがとうございます!

----------------------------------

【募集中のイベント情報】
お申込みを早速いただいております^^ 引き続きお申込みお待ちしております!

8/11(木)【プレ中国語原書会のご案内】中国語の原書を読みたいのになかなか読了できずお悩みの方、集まって交流しませんか?

【プレ中国語原書会のご案内】中国語の原書を読みたいのになかなか読了できずお悩みの方、集まって交流しませんか?

 

突然のひらめきによる突然の企画、そして告知です。

今回ご案内するのは、原書を読みたいけどなかなか読了できない方・これから原書を読まれる方を対象とした原書会です。

以下にあてはまる方いらっしゃいませんか?

・評判の良い原書は一通り持っているけれど1冊読み終えることがなかなかできない。
・わからない単語が気になって細かく調べているうちに読むのをやめてしまう。
・中検2or3級の自分には原書なんてまだまだ早いと思っている。
・始めの1ページを見たところわからない単語ばかり。とても読める気がしない!
・原書会は興味あるけれど敷居が高く感じる。
・これから中国語原書を読もうと思っているけど、どれから読もうか決めかねている・・・

一つでもあてはまる方がいらっしゃいましたら、この機会に他の仲間と交流してみませんか?

会では私が答えられることであれば全てお答えします。レベルは一切問いません!中国語を勉強していて原書に興味ある方であればどなたでもOK!中検〇級も一切問いません。


≪開催概要≫
■日時:2016年8月11日(木)9時ー11時
■場所:池袋or飯田橋のカフェ
■参加費:500円+飲み物代
■人数:5名


★当日はお勧めの原書を手に取って眺めていただけるよう数冊持参します。 記事の写真は参考です。当日持参する原書と完全一致ではありません。
★過去の原書会に原書持参で参加した方の参加もOKです。
★原書読書へのチャレンジを手助けできるようなプチ特典をご用意します。

お申込みはこちらのページからどうぞ!

プレ中国語原書会の参加のお申し込みはこちら
(まだ事前案内のご連絡メールを配信するページができていないため、本企画はブログで初告知となります)。


「原書は意外と読める」という感想、過去の原書会に参加された方からもいただきました。
私も初めて原書を読み終えた時、「意外と読めるんだ!」と感動しました。この感動を多くの方に味わっていただきたいです。

原書をまだ読んだことない方にとって、原書を読むモチベーションになる会にできるよう頑張ります。

お1人でも参加希望がありましたら開催しますが、私と1対1は抵抗がある・・・という場合は、その旨遠慮なくおっしゃってくださいね。

みなさまのお申込みをお待ちしております(^-^)

本当の敵は社内にいる!残酷でスリリングなビジネス小説 116冊目《对决》



久しぶりのビジネス小説です。仕事をテーマにした小説を読むのは人気シリーズ《杜拉拉》以来かと思っていたら、他にも《地产浮华背后》(魏蓝)という不動産に関連する本や他の本も読んでいました。

《地产浮华背后》の当時の感想文がこちら

読み返してみて、結構厳しいことを書いています。

上記の本には当時かなり失望したのですが、今回読んだ《对决》は期待を上回る面白さでした。教育ソフトのビッグプロジェクトを担当する主人公の巧みな営業トーク、頭の回転の速さ、社内の反対分子との上手い付き合い方、業界の動向を見据える洞察力・・・最初から最後まで、自分の経験を重ねながら読み進めました。

能力のある人の敵は、会社外ではなく社内にいる。こんなことを考えながら第1部を読み終えました。会社の長期的な利益を考える人達がいる一方で、自分の築いてきた地位を死守することしか考えない人達もいて。自分が以前感じたことのある憤慨、悲しみ、やるせなさを主人公の奮闘に重ねながら読まずにいられませんでした。

理解がないどころか、プロジェクトをつぶそうとする社内の反対分子を黙らせる策を考えながら、新しい製品を業界に先立ってプロポーションしていくことがいかに難しいか。主人公が困難に直面した時の処理方法から学べることが多かったです。尊敬してやまない当時の上司の姿をこの主人公に見た気がしました。

ストーリーは《对决2》につづきます。


久违的商战小说!这是一本富有职场智慧的小说。以前看著名的《杜拉拉系列时》时,还没有过做销售的经验。后来到了一家公司从事医疗方面的销售工作,才深深地体会到做销售之难。看《对决》的时候,我一直以仰慕的心态去阅读销售高手朱鹏的故事。

朱鹏创业失败后,进了一家教育软件公司,北州集团。刚入职不久,他发现一位上司叫吴芳的女人虽然没有很强的业务能力,却在公司拥有巩固的职位,使朱鹏纳闷不觉。朱鹏很快发现吴芳照顾业务管理的细节方面没的说,但她一点也没有看清市场的眼光,把注意力放在如何捍卫自己多年来在公司建立起来的地位上。因此,随着其他人包括金总开始发现朱鹏的业务能力确是出人头地,吴芳想方设法地讨好金总,在背后打着管理道德的幌子说了不少朱鹏的坏话,使朱鹏不得不把已经所剩无几的精力也放在如何提防吴芳的工作上。这点,在职场奋斗过的人应该都有体会。

朱鹏推广的EIP项目成为公司的重中之重。这个项目,其他竞争对手也同时在研发。为了建立强大的团队,朱鹏要招聘能干的销售高手。在招聘过程中,一名叫王义山的男人引起朱鹏的注意。朱鹏十分看好这人的能力,然而王义山已经跟另外一家教育软件公司"明光"谈好。在朱鹏的热情洋溢的邀请下,王义山做出惊人的决定。先到明光潜伏,观察一阵他们的动向后再来到北州。

有了王义山坚定的靠山,朱鹏满负荷的投入工作。有一天,得到一个消息。竞争对手明光准备和信息教育中心联合主办一个有关中国教育信息化的论坛,在会上打算大力宣传类似EIP(实际上差不多)的产品。而且这个会的唯一协办方是明光。明光的目的是要抢先宣传自己的产品,把其他同业的公司都抛在后头。如果这个会成功召开,对北州来说肯定是致命的一击,很难翻盘市场上的地位。朱鹏绞尽了脑汁,最后想到了一个能够挽回被动局面的办法。

他的方案是在明光召开会议的前一天,北州也要主办更为规格,更为专业的会议,让外人看到抢先一步的就是北州。然而,往往这样的关键时刻,吴芳给朱鹏添加不少麻烦。对她来说,公司的经营业绩好怀不是首要问题,重要的是如何保住自己的地位。朱鹏也责备自己有一段时间只顾着如何应对竞争对手,没来得及留神如何不让这些闲人搅合自己。

在看《对决》的过程中,我深深体会到向朱鹏这样的聪明能干的人不仅仅要面对来自外面的压力,还要面对来自内部斗争的压力,并且内部来得甚至会更大。看着看着我也不禁想起以前负责一个项目时,在公司内部要和很多人协调,沟通。涉及到的人越多,搞好关系的难度也随之增加。还要面对来自公司内部反对分子的阻力。比对我的经验,朱鹏面临的压力要更巨大。在我看来没有办法,走投无路的情况下,他总是耐性地处理好问题,对此我不止一次的感叹不已,每每给他点赞。

通过阅读《对决》第一部,最大的感受是强大的敌人不是竞争对手,而是自家的人。有些人从公司的长远利益考虑问题,而有些人却只顾着如何捍卫自己的地位,即使这样做对公司没有任何好处,也照样做,甚至根本没有意识到自己的所作所为多么拖累公司的发展。身在这其中的悲愤,无奈,《对决》描写地绘影绘声,值得一看!!

---------------------------------------------
《对决》第一部
许韬 著
350千字
读书期间:2016/7/2 - 7/20
写作时间:1小时50分钟
難易度:★★☆☆☆
面白度:★★★★★
病みつき度:★★★★★
----------------------------------------------

メッセージをつかんで訳す難しさ

ELF85_door15180055_TP_V

通訳現場に出る度に、課題を持ち帰ってきます。

私の現在の課題の一つは、

通訳する内容を"メッセージ"として理解して、対象言語らしい表現・語順に再構築できないこと。

まとまったフレーズになると、話者が伝えたい内容を理解して、自分の中でわかりやすく再構築して伝達、というプロセスがうまくできません。通訳スクールの最初の授業で教わった、「理解」「伝達」という言葉の意味はこういうことだったのかと今頃思いました。

メッセージを受け取ったら、日中の場合、メッセージはそのままで中国語らしい文に再構築したいのですが、毎回、語順通りに訳してしまいます。

この練習にとても良い素材があることに気が付きました。NHK world newsです。

中国語は対訳となる日本語ニュースを見つけるのが簡単なのです。
(過去参照:「ニュースで英会話」のオリジナル中国語版!

リプロダクションする時、時間に余裕のある時はエクセルファイルに記事をペーストして、あとで日中の訳出練習ができるように保存しています。

これまではリプロをした後は、その素材を再度やることはあまりありませんでしたが、数日前にやったリプロ素材を使って、日中サイトラをやると、上記の"再構築"がいかに難しいか実感します。

特にNHKニュースは、文が長く、どこで区切るか、どう再構築するとわかりやすい中国語になるかを訓練するのにぴったりな素材だと思います!!

数日前にリプロした素材でも、日本語を分解して再構築しようとすると、うまくいかないもの。答えを見て、「ああ、こう処理した方が確かに伝わるよね」と思うことばかりです。

この練習のヒントはまるちゃんさんの記事からいただきました。
まるちゃんさんは日々のトレーニングでPDCAをうまく回されている印象を受けます。

日本語の順番通りに訳しちゃだめ

現場に出る回数が増えるにつれて、自分の課題がますます明確になってきました。
このトレーニングは前々から絶対やったほうがいいとわかっていたのに、定着しなかったのはずばり「課題を痛感していなかったから」。仕事は機会をいただいたらどんどんするものですね。

ちなみに、NHK world newsを使ってリプロするメリットは他にもあることを通訳現場で実感しました。昼食会などはどんな話題が出るかわかりません。先日まさに時事的な話題がポンと出ました。

上記で書いたトレーニングが習慣になったら、この本にも取り組みたいです。




中国AmazonでKindle電子書籍を購入する際に出たエラーと解決した経緯

中国に行く機会のある方で、kindle端末またはアプリ(アプリは無料!)をお持ちの方は、現地で電子書籍を購入するのがおすすめです。

原書をよく読むけれど本棚の場所がなくなってきてしまってお悩みの方や、
書籍よりも安く購入したいという方に、現地で電子書籍を買うのは大変おすすめです。
私も先月やってみてその安さに感動しました。

中国で電子書籍を購入する方法については、C-STUDYさんが大変わかりやすく紹介されています。
中国のAmazonでKindle電子書籍を購入して読む方法


私は先月現地書店へ行った際に、kindle端末を持参していきました。
その時に生じたエラーと問題がどのように解決されたかについて書いてみます。


購入は中国Amazonのサイトに行ってクリックしました。
kindle端末で購入しようとも思ったのですが、端末で購入するといずれエラーが出てしまう、という情報を事前にうかがっていたので、現地では中国Amazonのサイトから購入しました。
(Amazonサイトで購入すると、自動的に端末でダウンロードが開始されます)。

現地で最初の数冊までは問題なく購入できていました。
しかし突然、このようなメッセージが届き、電子書籍を購入できなくなりました。 


本文には決済処理で問題が生じたので、6日以内に支払情報を確認するようにとあります。


しかし、クレジットカードに問題はなく、このエラーが届いた後も、カード決済は問題なくできていました。 改めてクレジットカードの情報を入力しなおしても、同様のメールが届き、決済できません。

解決方法が全くわからなかったので、とりあえず電子書籍の購入は諦めました。

ところが!
帰国後に、ダメ元で試してみたところ、あっさりと購入できました!!

   
 
なぜ上記のようなエラーがでたのかわかりません。もしかしたら日本へ戻れば解決するかもしれない、という淡い期待を抱いて、現地でとりあえず購入したい電子書籍はすべて購入ボタンをクリックしておきました。帰国後、現地では購入できていなかったものがすべて問題なく購入できました。

しかも!

kindle愛用者は知っている、中国Amazonの電子書籍を日本で買えるのは5冊までという話。訪中前に試したところやはり6冊目からエラーで買えなくなりました。ところが、帰国したらまた購入できるようになっていました!帰国して1ヵ月たった現在も購入可能です。ただ、帰国してからまだ5冊購入していないので、今回も6冊目から購入できなくなるかもしれません。

これから中国へ行って、電子書籍を買おうと思われている方には、現地でエラーが出ても、とりあえず「購入する」ボタンをクリックしておくことをおすすめします。


週末の楽しみ

週末のどちらか1日は、夫が子どものお風呂と寝かしつけを担当してくれます。

これは私にとって一週間で唯一のんびりお風呂に入れる貴重な機会。

持ち物は原書と決まっていますが、今回は冷凍庫にアイスがあったのでアイスも一緒に。
お風呂で原書を読みながらアイスを食べる。至福のひと時です。。。



週明け納期の翻訳が完了しました。
実案件だとわからないものも執念深く調べざるを得ません。今回も執念のネットリサーチの末、最後の最後で謎解きに成功しました。問題ないことを祈ります。。。

中国語を活かした仕事がしたいな→応募してみた→やってみた→結果は?

NKJ56_rousokutosankiraiyoko_TP_V


今回は興味のある仕事をやってみて、その後気持ちがどう変化したかということについてです。

中国語を使う仕事をしてみたいな、とは留学中から漠然と思っていました。

帰国後、中国語を使える仕事を探してみたものの、大学の専門と以前の職歴から紹介をいただくのは医療系ばかり。結局、卒業してからフリーになるまでずっと医療関係の仕事をしてきたわけですが、中国語を使った仕事をしてみたい気持ちは強かったので、5年前から少しずつ翻訳の仕事を始めました。フルタイム勤務の傍ら、週末や平日夜にやる兼業です。

通訳ももちろんやりたかったのですが、フルタイム勤務しながらでは初仕事をいただくのも難しく、兼業は翻訳のみでした。

その後、会社をやめて、フリーランスになってから少しずつ通訳の仕事をいただけるようになりました。

通訳と翻訳をやった期間の長さは同じではありませんが、通訳・翻訳に対する思いは次第に変わってきました。現在は翻訳は正直あまり好きではありません。依頼をいただけば毎回全力で取り組みますが、通訳の楽しさには到底及びません。通訳はとても楽しいです。

経験する前は通翻訳のどちらが楽しいかわかず、自分の適正もわからず、語学を使う仕事をやってみたいの一心でした。少し経験を積むことができた現在は、自分が何が好きで、何が嫌いかわかるようになってきました。

通翻訳とも経験値は浅いですが、現在は通訳の仕事にもっと挑戦したいと思っています。この気持ちも今後、仕事をしていくにつれてどう変化していくかは私もわかりません。

自分の歩みをふと振り返ると、当時はあんなに翻訳にあこがれていたのに、現在の心境の変化に驚きます。このことから、やりたいと思っていることはまずやってみるといいのだと最近は特に自分に言い聞かせています。やってみると、「思っていたほど楽しくない・ワクワクしない」ことがわかったり、「思っていた以上に楽しい、この仕事に向いているかも」という発見にもつながります。

今後も通訳に限らず、やってみたいことはまずやってみる精神を大事にしていきたいです。現在私が一番取り組みたいこと。それは原書に関わることです。

livedoor プロフィール
最新コメント
follow us in feedly
メッセージ

名前
メール
本文