通訳の仕事を受けていく上で一番不安だったことは、当日子どもが体調を崩して保育園に預けられなくなったら一体どうしたらよいのか?ということです。今回も心配で仕方ありませんでした。仕事の数日前から子どもが風邪を引き、当日までに回復するかわからなかったからです。

幸い今回は前日までにほぼ回復しました。子どもが体調を崩すと、仕事のプレッシャーが吹き飛ぶのですよね。子どもが回復するまで、いつもは感じる仕事のプレッシャーを感じなくて、子どものことばかり考えて気になっていました。

通訳は穴を開けられない仕事の一つ。自分の体調は自分で何とかコントロール可能ですが、子どもの体調はそうはいきません。今のように駆け出しで稼働数が少ない場合は、通訳の仕事が入った日に親に予定をあけて待機してもらい、万が一の場合に対応してもらうことが可能ですが、これが月10日程の稼働数となった場合(当然このような稼働状態を目標としています)、親や友人に全ての日に万が一の場合に備えてスタンバイしてもらうなんてことはできません。

不安「だった」ということは、解決方法が見つかったということなのですが、まずは我が家の事情から。

例えば急な事態が発生しても、親が駆けつけてくれる、夫が仕事を休んで自宅で看病してくれる、などであれば心配無用なのですが、我が家の場合、これらの対応を期待することはできません。夫の仕事は毎日穴を開けられない仕事ばかり。

地域の病児保育も検討しましたが、当日の枠に対し、大抵キャンセル待ちの状態との回答でした(前日朝から予約が可能)。ということは、当日になって子どもが熱を出した場合、こちらを頼れる可能性は高くありません。

ベビーシッターはどうだろう?と思いきや、「お子様が病気の時は派遣できません」とあります。

子どもが体調を崩さないという前提で、仕事を受けていくしかないのか・・・(そうであれば毎回仕事以上の重圧に耐えなければならない・・・)と思っていたら、私の悩みを解決してくれるサービスを発見しました!

フローレンスの病児保育


なんと当日依頼100%保証!

保育中の自宅へ提携医療機関に在籍する女性医師が往診するサービスもあるようです。

不安が一気に解消されました。仕事をがんがん取りに行けるんだ!と嬉しくて仕方ありませんでした。

働く女性を応援するサービスですよね。
しかしニーズが高いようで、全ての人が入会できるとは限らないようです。こちらの会社以外にも同様のサービスを提供している会社はあるようですので、こちらに入会できなかったら、他の会社を探す予定です。安心して仕事に出られるよう、このようなサービスを提供してくれる会社に感謝です。