医療通訳士技能検定試験を受けてきました。

内容については主催協会の規定で踏み込んで書くことができないのですが、実務のための勉強も試験対策になり、試験対策の勉強も実務に役立つ、という印象を受ける実用的な試験です。

過去問を分析し、試験に向けて準備する中で、何故これらの専門用語を覚えなければいけないか、実際の現場をイメージしながら取り組みました。次の試験まで半年あるので、しばらくは通常の勉強に戻りますが、それもまた試験対策になります。本当に実用的な試験でした。医療通訳に興味がある人は、受ける価値大です。

試験の開催にあたっては、主催者側はまだ慣れていないようでバタバタ大変そうでした。それだけこの試験が開始してまだ間もないということだな、と思って眺めていました。

結果は1週間程でわかるそうです。1級・2級と判定されれば二次試験(口語)に進めますが、今回は自信がありません(>_<) 

受験されたみなさん、お疲れさまでした。