最近、以前のように「納品だけ」することはやめました。


エージェントに成果物を納品する際は、+αのコメントを付与しています。

・この分野の仕事を今後も是非やりたいです
・(関連情報を伝えた上で)御社のクライアントから今後こんな翻訳依頼もあるかもしれませんよ

このように、相手にとって少しでも得する情報、印象に残るコメントを付け加えています。

これは実験的取り組みの一つで、絶対に効果があるかはわかりませんが、
コストもかからず、すぐにできることで、やらないよりはやった方がまず良いことです。

私が特にいいと思うのは2番目。相手に付加価値を提供できますし、定期的に依頼してくれる会社への小さな恩返しでもあります。エージェントへの依頼が多ければ私への依頼も多くなりますし、エージェントの受注数があがるよう私ができることはやりたいですね。こちらをリスペクトしてくれていると感じられる会社には特に。

☆---------------------------------------------☆     
【募集中】「医療通訳のための医学講座」夏季講座
オンライン枠は残りわずか。

中国語学習者向け・医療メールマガジンの配信を始めました。
詳細はこちらの記事をご覧ください

原書会などのイベント案内・ディクテーション配信(音声・文字)はこちらから
Ayumi Chinese Book Cafeメールマガジン

☆---------------------------------------------☆