出産してまだ3ヵ月経たないころ、あるエージェントに応募しました。

産後、初めて翻訳の仕事を受けたのは生後2か月になる前でした。

納期までに納品したものの、首・肩をさらに痛め、仕事はしばらく無理・・・と思っていた時、医療専門のエージェントの募集を見ました。

産後まだ3ヵ月にならなかった頃でした。
1日にできる仕事時間は限られていましたが、チャンスを逃したくなかったので応募し、登録面接に行きました。

通訳の求人でしたが、通訳案件をすぐに受けるのは母乳の関係で現実的ではありませんでした。
仕事再開後のために、と思っての応募でしたが、先方から翻訳ならご自宅でもできませんか?と声をかけていただきました。

トライアルの機会をいただき、合格。そこから診断書・検査報告書などのカルテの翻訳を受けるようになりました。

カルテの翻訳依頼はこのエージェントからが一番多いです。


医薬の場合、(私のケースですが)、仕事が安定してあることはまだなく、波があります。
それでも、この会社以外に、他の会社からも「医薬専門の人」と覚えていただいているようで、他社からもカルテの翻訳で声をかけられることがあります。

あの時、子どもが生まれたばかりだから、を理由に応募を見送らなくて本当に良かったです。

私の知る限り、あの時以降、この会社の求人を見かけていないからです。


最初は数行に1,2時間かかっていましたが、今ではカルテの翻訳が一番の得意分野になりました。

医療通訳の勉強のためにそろえた専門書も大活躍しています。

少しずつ、医薬×中国語だったらAyumiさん、と言われるようになりたい、と思い始めました。

驕らず、油断せず、目の前のことを丁寧に、そして翻訳を必要とする人の気持ちを想像しながら、これからも仕事していきたいです。

☆---------------------------------------------☆     
<受講生募集中>

知識ゼロから医療通訳者を目指す方向け
現役医療通訳者・薬剤師が教える「病気・身体の仕組みをゼロから学べるオンライン医療通訳講座」

中国語学習者向け・医療メールマガジンの配信を始めました。
詳細はこちらの記事をご覧ください

原書会などのイベント案内・ディクテーション配信(音声・文字)はこちらから
Ayumi Chinese Book Cafeメールマガジン

☆---------------------------------------------☆