現地の書店情報に飢えているあなたへ

【中国現地書店レポート】上海の24時間営業書店 大衆書局 その1

原書大好き通翻訳者のAyumiです♪

お待たせいたしました。上海の書店レポート2軒目です。

前回の北京での反省から、地下鉄であまり移動したくなかった私は、ホテルとバスを1本で行き来できるよう、宿泊場所の選択を工夫しました。泊まったのはMason Hotel。ホテル近くのバス停から167のバスに乗ると、書店が密集する福州路へ1本で行けます。

前回ご紹介した钟书阁へは地下鉄での移動でしたが、残りの本屋さんをバス1本で移動できたのは楽ちんでした。

 
読書で一夜を明かせる大衆書局


上海の本屋さん・2軒目は24時間営業の「大衆書局」です。
場所は福州路沿い。この通りにはもともと大型書店の新華書店もあり、古本屋さんも立ち並ぶ場所。数歩歩けば本屋さんが視界に入ってきます。本好きにはたまりません!!

この書店、2010年に上海へ行った時にはありませんでした。
当時、福州路沿いのこの書店のすぐそばにあったホテルに泊まったのでよく覚えています。
まだできて数年の本屋さん。

北京にも24時間書店がありましたね。台湾に続き、大陸でも24時間書店が普及してきているのでしょうか?

早速中を見てみましょう。

入口にも24時間営業の文字がありますね。本好きならこれだけで心躍りませんか?

IMG_1061


この安売り棚の前で足を止めなくて大丈夫ですよ。2階のワンフロアなのに、この本屋さん、奥がとても広いですから!

IMG_1104


入口から独特です。住所もばっちりアピール。福州路579号です。

IMG_1062

入ってすぐのところは新書コーナー。

IMG_1063

左側を向くとゆとりあるスペースに見やすい陳列。
この書店は照明も十分に明るく、陳列もみやすく、申し分ありませんでした。

IMG_1064

ベストセラーのコーナー。

IMG_1065

IMG_1091

嬉しいカフェ併設!

  IMG_1066


カフェスペースの他にも座って読書できるスペースがありましたが、会員制のようでした。会員であれば座って読書に没頭できるようです。この点は前回ご紹介した钟书阁とは異なるところ。そのせいか、陳列棚付近にいる人の数が钟书阁よりずっと少なかったです。

じっくり読みながら本を選びたい方には钟书阁がおすすめ。唯一の欠点は照明が十分でないこと。
もちろん"中国式"で床に座って読む場合はこちらの書店でも全然問題ありません(^^)
どちらの書店も静かで落ち着いた雰囲気です。

 
ビジネス書が充実

この書店、結構広いのです。
奥の部屋には文学作品からミステリー、台湾・香港の作品などがずらりとあります。
それとは対照的に、入口から近い平積みコーナーには、新作・ベストセラーの他にビジネス書が置かれていました。ビジネス書の平積み率は結構高いかも!?

ビジネス書の面積が広めなので、奥の部屋の存在にうっかり気づかないところでした。てっきりここには一般の小説は少なめなのかと思ったほどでした。

IMG_1075

IMG_1078

IMG_1088


日本のビジネス書の翻訳版もありますね。

IMG_1087

IMG_1076


散々迷って分厚いこの本を購入しました。
銀行を舞台にしたアメリカの小説。Amazonのコメントを店内で確認し購入。
ドラマがアメリカで高視聴率のようですね。

IMG_1090

平積みされていて気になり、こちらの本も購入。こういう本って早く読まないといけないのに、まだ読めていません💦買ってもすぐ読まないくせに、こちらのビジネス書コーナーでは予想外に時間を費やしました。

IMG_1082

その2に続きます。

☆----------------------------------------------☆     

原書会等のイベント情報の案内を見逃したくない方はこちらからどうぞ♪ 
イベント情報の事前案内に申し込む        
    

☆----------------------------------------------☆

【中国現地書店レポート】上海で最も美しい書店 钟书阁 その2

前回に引き続き、钟书阁です✨


この書店はジャンル分けと配置がすっきり、わかりやすいので、お気に入りの作家や作品が決まっていれば、目的の本を探しやすいと思います。


前回の北京で気になって買わなかった西西。今回は買いました。
この方の本は、大型書店では目立たないところ、知識層をターゲットにしているなどオリジナルカラーのある書店ではこのように目立つところに陳列されている気がします。

IMG_0941


先日の原書会で紹介のあった莫言の棚。《哇》《丰乳肥臀》も読みたい!
買えばよかった~~。

IMG_0933


キャスターの書いた自伝が好きな方はこちらのコーナー。
白岩松の人気は不動ですね。

IMG_0939

SF作品の代表格《三体》もありました。

IMG_0943


茅盾文学奖コーナーは、入口の平積みコーナーから奥へ行く通路にありました。
こんな風に陳列されているのを見るのは初めてです。おしゃれ♡

IMG_0931


現代文学コーナー。広い空間を占有しているのに薄暗いのが本当に残念でした。

IMG_0944


私がずっと大好きだった严歌苓の棚。
最後に読んで原書を読む自信を一時なくした《妈阁是座城》に胸がちくり。
いつも買うのですが、今回は珍しく彼女の作品を買いませんでした。

IMG_0937


装丁にひかれたこの本は、日本語の本の翻訳本でした。
他の書店にも目立つように陳列されていて、日本の書店文化が中国に浸透してきているのでしょうか。

近い将来、『中国の書店紹介 by Ayumi』を出版する!という夢が芽生えました✨✨

IMG_0928
IMG_0927
















日本語の小説は本当に人気がありますね。
どこへ行っても必ずありますが、この書店はスペースが広めで、1枚の写真に入り切りませんでした。

IMG_0926


本を買ってウキウキの方はそのままカフェスペースへ。

IMG_0929

今回見た書店の中で、一番のお気に入りはここでした。
前回も書きましたが、三連出版の本が多く、"自分好みの作品に出会える本屋さん"という印象です。

子どもの絵本コーナーもありますが、子どもに絵本を読み聞かせるお母さんの声も小さめ。
本を読む人・探す人への気遣いが至る所で感じられて、本好きだったら何時間でも過ごせる場所だと思います。

書店内は無料Wifiが使えるのも、Amazonで購入したい私には嬉しかったポイント。
店員さんにパスワードを聞いてくださいね。

次回は上海の24時間書店をご紹介します(^^)

☆----------------------------------------------☆     
4/15(土)『二人会@関西』募集中!
現在23名で、あと2名です!
おそらく今回が最後なので、ぜひいらしてくださいね。

二人会@東京の開催レポートはこちらからどうぞ。
二人会@東京の開催レポート    

原書会等のイベント情報の案内を見逃したくない方はこちらからどうぞ♪ 
イベント情報の事前案内に申し込む       
    
☆----------------------------------------------☆

【中国現地書店レポート】上海で最も美しい書店 钟书阁 その1

前回の北京に続き、現地書店巡りの目的地として今回は上海を選びました。

訪れたのは12月。今回は2泊3日で行ってきたので、前回よりも多くの書店へ足を運ぶことができました。6年前と比べ書店が増えていて驚きました。文学の香りが一層漂う上海を歩き回ることができて幸せでした。

書店に並ぶ本は既に変わっているでしょうが、上海の本屋さんの雰囲気を少しでもお届けできれば嬉しいです。

 
上海で最も美しい書店

1軒目は钟书阁。「上海で最も美しい書店」と評されているのを知り興味を持ちました。
既に上海で複数店舗を構える钟书阁、静安寺にオープンしたということで、こちらに行ってきました。

静安寺の地下鉄直結の百貨店・芮欧百货大楼の4階にあります。
4階に行っても、書店がどこにあるかすぐにはわかりませんでした。4階の奥にあるのですが、書店があることを事前に知らなければ、書店の存在に気づかない人も多いと思います。

IMG_0914

私の写真では伝わらないのが悔しいですが、実際はもっときれい。美しいというよりスタイリッシュな感じでしょうか。

IMG_0916

IMG_0936


IMG_0915

オリジナリティのある陳列、わかっていただけますか?

IMG_0917

入口入ってすぐのこのあたりはスタイリッシュな雰囲気がありますが、
奥に入ると薄暗い灯りで、落ち着いた空間が広がります。

奥に行くとわかりますが、外見より結構広いです。


IMG_0930

薄暗さを除けば申し分のない私好みの書店でした。
この写真のように、座って読むスペースが十分にあります。
ただ、本棚を眺める場合、照明が十分でないので、既に買いたい本が決まっている場合はいいのですが、何を買おうか棚をじっくり眺めたい私にとって、やや見づらかったのが残念でした。

 
三联出版の作品が多め

前回、北京の三联书店へ行ったためか、三联出版の本に目がいきました。
こちらでは三联出版の作品が多く置かれている印象があります。

前回初めて知った杨绛の作品がたくさんありました。

IMG_0934

IMG_0918

今回は北島という作家の作品もよく目につきました。これも三联出版コーナーです。

IMG_0935

前回の書店巡りを経て、私の中で三联出版への興味がじわじわとわいてきたせいか、
この書店では三联出版の棚のあたりで長い時間を過ごしました。

のちに買って良かった!!!と何度も感じた《独立日1  用一间书房抵抗全世界》に出会えたのはこの書店でした。この本も三联出版。陳列の様子を撮り忘れてしまったのが悔やみです。

IMG_1021

私にとって三联出版は「間違いのない本に出会える出版社」になりつつあります。
現在よく売れている本とは一線を画し、独自の選択基準を備えている出版社という印象です。

その2に続きます。

☆----------------------------------------------☆     
『二人会@関西』募集開始しました!
4/15は関西で会いましょう♪ 
二人会@東京の開催レポートはこちらからどうぞ。
二人会@東京の開催レポート    

原書会等のイベント情報の案内を見逃したくない方はこちらからどうぞ♪ 
イベント情報の事前案内に申し込む       
    
☆----------------------------------------------☆

上海の書店で買ってきた原書 その②


IMG_1141 (編集済み)

《灰故事》
その①の記事で触れた《独立日1 用一间书房抵抗全世界》の中で、阿乙について度々紹介されていて興味を持ちました。事件ものを書く作家のようですが、何故だか軽いタッチではない印象を受けました。こちらも新しい作家との出会いに期待を込めて購入。

IMG_1142 (編集済み)

同じく阿乙の《情史失踪者》。こちらは短編集。

IMG_1140 (編集済み)

《匿名》
王安忆は書店へ行く度に名前を見かけていた作家。文学の香りが濃厚な感じがして、これまで買うのをためらっていました。《匿名》は誘拐され、山に置き去りにされた主人公が記憶喪失になってしまうお話のよう。この紹介を見て即決!


IMG_1132 (編集済み)

原書会でushikoさんが一押しされていた《我不是潘金莲》。各書店の目立つところに陳列されていました。刘震云2作目も期待大。

IMG_1118 (編集済み)

《乌鸦社》
難解事件ファイルもの。事件の奇抜さよりも、事件の背景に潜む人間性の分析に重点が置かれている、との評価に興味急上昇。『推理世界』というミステリー雑誌で人気の高い作家のようです。買ってビニールとったら、サイン付でした!

IMG_1128 (編集済み)

編集者として10年のキャリアを持つ筆者が、インターネット時代における紙媒体存続の危機について書いたもの。不動産業界の内幕やメディアの事実にそぐわない報道など、スリルを求めて購入。

IMG_1139 (編集済み)

《最后的情人》
残雪も気になっていた作家の一人。この本は、「最後の恋人」という邦題で、近藤直子さんが翻訳されています。全然知りませんでしたが、評判の高い作品のようです。どれから読もうか迷うな~~。


上海の書店で買ってきた原書 その①



IMG_1113 (編集済み)

運命を感じたのはこの本です。
本好きの作者が、自分が読んだ本についてつづった読書感想文。

ストーリーよりも、感じたことに重点が置かれて書かれているので
とても読みやすいのです。

本の中には本好きにたまらない写真が。
これは原書会にいらっしゃる方にシェアします!


IMG_1116

李克強総理推薦!の文字に足を止めました。
銀行を舞台にしたお話で、Amazonの「分厚いけどぐいぐい進む」とのコメントに購入決定です。

IMG_1122 (編集済み)

人工知能の成功者が伝授するチャンスのつかみ方とは?
中国企業家がAIとビッグデータについてどんな未来を予測しているのか興味が湧きました。

IMG_1138 (編集済み)

“会社から帰宅したら、部屋が荒らされていた。空き巣は一体誰なのか?
指紋、毛髪から採取したDNAの鑑定結果は、なんと自分!”
中はとっても読みやすそうな平易な文体でした。期待大!

IMG_1131 (編集済み)

前回北京の書店で見かけてから、気になっていた香港で評価の高い作家。
新しい作家との出会いを求めて買いました。

IMG_1126 (編集済み)

他人の悩みや秘密がわかる少年のお話。
フランス全体が感動に包まれたとのキャッチフレーズに心を動かされました。
一体どんな感動が待っているのだろうと思うと今から楽しみ。



上海の書店で買ってきた原書 ~序章~

上海に行ってきました!

6年ぶりの上海。
書店が増え、カフェも増え、
読書環境が随分と整った印象を受けました。

複数の書店へ足を運びましたが、
今回は書店をご紹介する前に、買ってきた原書を簡単にご紹介したいと思います。

おおげさですが、運命を感じるような本との出会いもありました。
常にバッグに忍ばせて、折に触れて読み返したくなるような本。

次の記事から、何故これらの本を買うことにしたのか、
複数回に分けて各作品を1,2行でご紹介していきます。

紙の本をドーンとたくさん買っていますが、実はkindleよりも紙が好きとわかったからなのです。
今回は“本命”はすべて紙の本を買い、あとで買えば良かったと後悔したものなどは、kindleで購入しました。


IMG_1107 (編集済み)



現地の書店情報に飢えているあなたへ送る第1回・中国現地書店レポート【北京編】三連韬奮書店 その3

三連書店、最終回です。
 
海岩の時代は終わってしまったのか

王府井書店と三連書店で「おや」と思ったことがありました。
海岩のコーナーがないのです!!

今まで訪れた書店では探さなくてもすぐに目に入ってきたのですが、今回は2書店とも専用コーナーがありませんでした(王府井書店では確認しませんでしたが、三連書店では3冊だけありました)。

2011年の秋に大連の書店へ行った際には、作品全てではないものの、10作品ほどは揃っている陳列棚がありました。留学していた2008年には、ハルビンの書店にもっと広い面積で陳列されていたのを覚えています。

余华,毕淑敏,严歌苓,韩寒などいつ訪れても専用コーナーを構えている作家とは異なる扱いで寂しさを感じました。

実は以前熱烈にはまったものの、最後の作品を読み、話の展開に新鮮さを感じなかったことから、海岩熱はなくなってしまったのですが、それでも原書の楽しさに引きずり込んでくれた作家のブームが去ってしまったのは寂しいですね。《长安盗》以降、新しい作品は書かれていないようですが、新作品が出たら買うのは間違いありません。

海岩の名誉のために、我が家の海岩コーナーの写真を掲載しておきます。

IMG_9013



余华のコーナーはいつ行っても変わらぬ広さですね。王府井書店では写真を取り忘れてしまいましたが、もっと広かったです。

IMG_8763



严歌苓は作品の回転数が早い作家さんで、棚にあるのはその一部ですね。今読んでいる《老师好美》もあります。

IMG_8761



IMG_8762


毕淑敏が書くような文章は”心灵鸡汤”と言われますね。ラジオでもこの言葉をよく耳にします。

IMG_8760



IMG_8764



育児書コーナーも面白い

育児書も今回のお目当ての一つでした。写真はぼやけていますが棚のひとつ。×4程ありました。こんなにたくさんあると、選ぶのも至難の業です。。。

IMG_8744



IMG_8746



IMG_8748


背表紙をざっと見て気になったのが《一次管一生的教育》。
中身を見て、なるほどね、と思えることが書かれていたので購入しました。
《抓住儿童敏感期》と同名または似たタイトルの本を複数見かけました。
IMG_8747IMG_8745



日本語小説コーナーで白石一文さんの作品を発見!

白石一文ファンには嬉しい発見ですね。
IMG_8756IMG_8757


中国の本屋には自由がある

う~ん、強者です。

IMG_8743



これはまだかわいい。

IMG_8720




最期に

北京の書店レポートはこれにてひとまず終了です。

kindleを利用した現地での安い購入方法、空港の書店や、ホテルでの思わぬラッキーなお話などはまた別の記事で書きたいと思います。
また、今回の出張で購入した本は電子書籍含め30冊程になるのですが、書籍名と作家名の一覧をPDFファイルにまとめて、見たい方が自由にダウンロードできるように準備中ですので、しばらくお待ちください。

今回は2泊3日でしたが、1日目はホテルに夜中1時に到着、3日目は6時前にホテルを出るというスケジュールでしたので、見て回れる時間は1日だけでした。当初予定していた3軒の書店+ブックカフェ1軒はとても達成できませんでした。2軒ですでにお腹いっぱい。久しぶりにタイムラグなく現地書店で思う存分見てこられて本当に楽しかったです。このレポートを書くのもとっても楽しい時間でした。

私の自己満足に付き合ってレポートを見て下さった皆様、ありがとうございました!!

次回は年内にもう1回行きたいと思っています(^^)

最期に1枚。店内を回っているうちに、レジに持っていくのを忘れてしまった本の写真です。北京の書店巡りをした女性が出版した本で、中にはたくさん写真があったので、「これは紙の本で買おう!」と思ったものでした。買いそびれてしまって残念です。

IMG_8770


現地の書店情報に飢えているあなたへ送る第1回・中国現地書店レポート【北京編】三連韬奮書店 その2

三連書店は最新の本だけでなく、選りすぐりの本も十分に平積みしている印象を受けました。
 
平積みで気になった作家・作品

平積みで気になった作家と本を紹介していきます。

■陈忠实

IMG_8776

《白鹿原》と《蓝袍先生》。陈忠实の作品はまだ読んだことがありません。《蓝袍先生》には、この本に書かれている出来事が《白鹿原》を書くきっかけとなったとありました。どちらから読むのがいいでしょうね。

■许韬

IMG_8777

仕事がテーマのビジネス小説。この分野は《杜拉拉》シリーズ以降、めっきり読んでいなかったので、今回は購入。これを機に再びはまるかも(^^)

■刘同

IMG_8784

《谁的青春不迷茫》をはじめとする刘同の作品。現地で見た際は既に色々な本を眺めてお腹いっぱいで、「ふーん、こんな人もいるんだ」という程度に写真をパシャりと撮っただけでした。百度で調べたら、これは不安や迷いを抱えた若者への励ましを込めた作品のようです。映画にもなっているんですね。

■刘慈欣

IMG_8719

ありましたありました!刘慈欣の《三体》をはじめとするSF作品。第1部は面白かったのですが、難しさからまだ第2部に手を出せていません。忘れる前に早く読まないとですね。

■冯唐

IMG_8773

王府井書店その1でご紹介した冯唐の作品もしっかりありますね~。《活着活着就老了》の表紙、この写真の本の方が可愛いし、萌えますね。たまらない。。

■张晓风

IMG_8765

台湾の小説家・张晓风の作品です。小説も書きますが、散文が最も有名だとか。作品数の多い方で、36歳の時に台湾の散文家・トップ10に選ばれています。現在は75歳。現地にいた時に少しでもこの方について知識があれば、手に取った時のページのめくり方が変わっていたことでしょう。

■西西

IMG_8785

事後に自分の無知を呪いました。西西は香港の女性作家で、彼女に関しては、「香港で優れた小説家が誰かと尋ねられたら西西だ」「存命する中国語作家の中で西西はノーベル賞を受賞する資格がある」などの推薦の言葉を目にしました。装丁からてっきり若い現代作家で作品はライトノベルだろうと思っていました。今後読んでみたい作家リストに追加済みです。

■韩寒

IMG_8772

韩寒といっても、写真の本は韩寒監修のアプリ・”ONE”に掲載された短編小説を集めたものです。韩寒選りすぐりの作品を毎日1篇掲載するアプリです(現在は連載も始まりました)。このONEシリーズは今後ますます増えていくでしょうね。現在読んでいますが、短時間に一遍楽しめるので、隙間時間を利用した読書にぴったりです。


伝記が充実!

伝記がたくさんありました。手に取りきれず、写真でそれをお伝えします。

IMG_8728

IMG_8730

IMG_8732

IMG_8736

外国人伝記コーナー
IMG_8734


中国人伝記コーナー
IMG_8737


ビジネス書選びでの悩み

ビジネス書の原書選びでは悩みがあります。国内書店で棚を見渡してぱっと自分が欲しい分野のものをすぐに見つけられるような感覚ではお目当てのビジネス書を見つけられないのです。私の理解力に問題があるのだと思うのですが、今回、本の前書きをざっくり読んでようやく、「ああ、これはちょっと違う」とわかり、買うのを止めた本が数冊ありました。 1枚目の写真の手前2冊がそれです。

IMG_8724


他のビジネス書も目を引くものがたくさん。

IMG_8725


IMG_8726

IMG_8738

こちらも気になりました。
IMG_8740IMG_8742


つづく

現地の書店情報に飢えているあなたへ送る第1回・中国現地書店レポート【北京編】三連韬奮書店 その1

王府井書店の次に向かったのは三連韬奮書店。

王府井大街を北へ真っ直ぐ行ったところにあります。三連韬奮書店は北京市内に複数あり、事前にネットで調べて評判が良かったのが、この美術館そばの三連韬奮書店でした。地下鉄では王府井から2駅で、駅から徒歩5分程。書店目の前にはバス停があり、複数のバスが止まります。ホテルの位置にもよりますが、行き来はバスの方が便利です(と事後に気づきました)。

2フロアの書店ですが、文学、伝記、ルポタージュ、ビジネス書が好きな人にとって静かに読書に没頭できる場所です。

 
読書愛好家に嬉しい24時間書店


写真からおわかりの通り、この書店は24時間営業です。

IMG_8812



“读・一夜”っていい響きですね。

IMG_8814



入店すると右手の壁には週間ベストセラーが貼られていました。
三連韬奮書店には同書店の本も販売されていて、ベストセラーは各出版社のものと三連書店のものとがあります。写真は6/6~6/12の週間ベストセラーです。

各出版社のベストセラー
東野圭吾が2作品入っていますね。気になる钱钟书《围城》も。

IMG_8795



三連書店のベストセラー
こちらには三島由紀夫の作品がありますね。

IMG_8796


ベストセラーが並ぶ書棚

IMG_8797




IMG_8794


ランキング上位に並ぶ杨绛女史は初めて知る作家です。どうやら現在フェアを行っているようでした。

IMG_8793



なぜフェアを行っているのか?後で調べてわかりました。この方は2016年5月25日に亡くなられた作家でした。夫は钱钟书。英語、スペイン語、フランス語が堪能で、翻訳もされていたようです。ランキング上位にある《我们三》は93歳の時に出版された散文・随筆集のようです。この方を偲ぶためのフェアだったのですね。
 
三連書店の見どころは地下1階


事前調べで1階よりも見どころは地下1階という情報を入手していたので、入店後、真っ直ぐ地下1階へと向かいます。

中国書店でおなじみの光景ですね。座り込んで読書に読みふける人は王府井書店よりも多いのに、店内はとても静かでした。

IMG_8792



地下1階にも杨绛女史のコーナーがありました。

IMG_8713



IMG_8787




店内の様子。1階よりも広いです。写真では見えませんが、奥の方にも書棚がたくさんあります。

IMG_8715



IMG_8767




訪れたのは夕方5時頃でした。王府井書店よりも狭いですが人の入りは多い印象を受けました。

読者の残したメッセージがこんなにあります。
電子書籍がどんなに普及しても、書店は文化として生き続けるのだという嬉しいメッセージを受け取りました。

IMG_8788



IMG_8789



IMG_8790




《穆斯林的葬礼》の韩新月、韩子奇も登場しています。2人を知っていることが嬉しかったなあ。

IMG_8791



つづく

現地の書店情報に飢えているあなたへ送る第1回・中国現地書店レポート【北京編】王府井書店 その3

王府井書店の最終回です。


刘慈欣を始めとするSF作品

国内では《三体》で有名なSF作家・刘慈欣の作品を見つけました。しかし、《三体》シリーズが見当たりません。平積みコーナーにもありません。出版されて8年近くになるので、さすがに中国では既にブームが去ったということでしょうか。

IMG_8630


IMG_8669


SFコーナーの後ろ側には、謎解き物(?)コーナーがありました。上段の右側にある《余罪》は中国Amazonで上位にランキングしている本ですが、書店では陳列棚にあり、平積みされていませんでした。ちなみここでは表紙が見やすいように、このように置いています。Amazonの情報は書店よりやや遅めという印象を受けました。

IMG_8660



中国人はホラー好き?充実したホラー小説コーナー

怖くて中身を開きませんでしたが、ホラー小説は実に充実していますね。
ここも!

IMG_8672


ここも!!

IMG_8670




ここも!!!

IMG_8674


これは推理ものかな?怖そうですが。。

IMG_8673




そしてラストに号泣した素晴らしい作品・《狼图腾》をもじった許せないタイトルを発見しました。

IMG_8675


《狼图腾》は狼の知られざる賢さ、団結力、そして狼の存在ゆえに成り立つ、草原における生態系のバランスなど、それまで抱いていた狼の印象を180度変えてくれた印象深い作品でしたが、この《虫图腾》も読めば虫への見方が変わるのでしょうか?

《狼图腾》といえば別のコーナーで《狼图腾》の映画の脚本を見かけました。映画やドラマの脚本が他にもあるか見てみましたが、私が見た限りでは映像理論に関する本はありましたが、脚本は見当たりませんでした。(今回専門書コーナーは見ておらず、専門書コーナーには脚本があるのかもしれません)。

IMG_8662



フロアのメインの平積みコーナーにはロングヒット作品

4階のエスカレーターを降りると、目の前にはフロアのメインの平積みコーナーがあります。ここにはロングヒットしていると思われる本が散見されました。

柴静の《看见》,白岩松《痛并快乐着》,そして《狼图腾》もありますね(写真真ん中上)。こういう各フロアのメインの平積みコーナーでは必ず毕淑敏の作品を見かけます。写真ではやや見づらいですが、手前の《非洲三万里》がそうです。

IMG_8640


購入しませんでしたが、この本が気になりました。《如何阅读一本小说》。これは海外の翻訳本で、他の書店でも見かけました。

IMG_8641


こちらも気になりました。

IMG_8643



1階はビジネス書が中心

1階にはビジネス書が多くありましたが、その大部分は海外の翻訳本でした。中国国内のビジネス書を読んでみたかったのですが、時間切れでゆっくり見ることができず、今回は断念しました。

IMG_8692



IMG_8693



IMG_8695



IMG_8697



購入しようか迷ったけれど、結局買わなかった本がこちら。

IMG_8703 IMG_8700


インダストリー4.0関連の本を多く目にしました。
特に《工业4.0 落地之道》を購入しようか迷いましたが購入せず。

IMG_8696


1階ビジネスコーナーの様子。

IMG_8698



王府井書店では本ではない予定外の大きな買い物をしてしまいました。
これについては番外編にて(^^)

王府井書店では店内にこんな便利がカゴがあります。コロコロにもなるし、持ち上げることもできる優れもの。日本の書店にもあるのでしょうか。あったら便利ですね。


IMG_8684 IMG_8685


引き続き、2軒目の書店「三联韬奋书店」を見ていきましょう。
livedoor プロフィール
最新コメント
follow us in feedly
メッセージ

名前
メール
本文