神楽坂にあるAYUMI GALLERYをご存知ですか?

神楽坂駅より徒歩1分。前を通りかかるとつい足を止めて、中をのぞきたくなってしまう
レトロな魅力あふれるギャラリーです。


↑こちらの角度から中が気になって入る方も多いはず。


築70年だとか。


今回は、犬・猫を中心に動物を描いている画家、森田あずみさんにお話を伺いました。

森田さんの描く動物の絵を見たのは初めてだったのですが、
初めてにして私はその繊細さと想いのこもった絵の数々に見入らずにいられませんでした。

森田さんは昨年の震災で人間だけでなく、動物たちも被害を受けたこと、
そして飼い主の方の中には泣く泣く動物たちとお別れしなければならなかった方もいたことについて
「頑張ってきた子、そして、今現在頑張っている子」として100匹の動物を1枚に描く試みに挑戦されました。
こちらがその絵です。


写真では感じ取ることが難しいですが、それぞれの動物たちの表情が自然でのびのびとしていて、見る人を愛おしい気持ちにさせてくれます。


森田あずみさん

「100匹描くために小さめに描いていたら、100匹描いた後も余白が残ってしまって・・・。今117匹なんです」と語る森田さん。
今後もさらに描き続けるとのことです。

動物が好きで、想いのある方でないと、動物たちの豊かな表情をこれほど繊細に描くことはできないでしょう。

AYUMI GALLERY内の森田さんの作品たち。





森田さんが絵を始められたのはなんと35歳の時だそうです。

壁にかけられた絵の他に、森田さんの原画も拝見することができました。
動物を中心に描かれてきた森田さん、最近は人物も描かれているそうです。


「狩猟たちの四季 極東ロシア・アムールの動物たち」
こちらの表紙も森田さんが描かれた絵です。


展示会の一押しは117匹の動物たちの絵です。
こちらの絵を前に足をとめ、ひとつひとつの生き生きとした愛おしい動物たちの表情に魅せられてしまう人は私だけではないでしょう。

「私はプロではないから・・・80歳になる頃にはもっとましな絵がかけるようになればいいわ」と語る森田さんですが、「プロ=想いを届ける」だと思いますので、森田さんはプロの画家にほかならないでしょう。


森田さんのブログはこちら
森田さんのホームページはこちら

AYUMI GALLERYでの展示は明日まで。(3/21 PM5:00まで)

近くまで行かれる方はどうぞお立ち寄りくださいね。



道路の向かいから見たAYUMI GALLERY.


Written by morimicha