翻訳

【中国語×医薬】で最初に思い出してもらえる存在になりたい

出産してまだ3ヵ月経たないころ、あるエージェントに応募しました。

産後、初めて翻訳の仕事を受けたのは生後2か月になる前でした。

納期までに納品したものの、首・肩をさらに痛め、仕事はしばらく無理・・・と思っていた時、医療専門のエージェントの募集を見ました。

産後まだ3ヵ月にならなかった頃でした。
1日にできる仕事時間は限られていましたが、チャンスを逃したくなかったので応募し、登録面接に行きました。

通訳の求人でしたが、通訳案件をすぐに受けるのは母乳の関係で現実的ではありませんでした。
仕事再開後のために、と思っての応募でしたが、先方から翻訳ならご自宅でもできませんか?と声をかけていただきました。

トライアルの機会をいただき、合格。そこから診断書・検査報告書などのカルテの翻訳を受けるようになりました。

カルテの翻訳依頼はこのエージェントからが一番多いです。


医薬の場合、(私のケースですが)、仕事が安定してあることはまだなく、波があります。
それでも、この会社以外に、他の会社からも「医薬専門の人」と覚えていただいているようで、他社からもカルテの翻訳で声をかけられることがあります。

あの時、子どもが生まれたばかりだから、を理由に応募を見送らなくて本当に良かったです。

私の知る限り、あの時以降、この会社の求人を見かけていないからです。


最初は数行に1,2時間かかっていましたが、今ではカルテの翻訳が一番の得意分野になりました。

医療通訳の勉強のためにそろえた専門書も大活躍しています。

少しずつ、医薬×中国語だったらAyumiさん、と言われるようになりたい、と思い始めました。

驕らず、油断せず、目の前のことを丁寧に、そして翻訳を必要とする人の気持ちを想像しながら、これからも仕事していきたいです。

☆---------------------------------------------☆     
<受講生募集中>

知識ゼロから医療通訳者を目指す方向け
現役医療通訳者・薬剤師が教える「病気・身体の仕組みをゼロから学べるオンライン医療通訳講座」

中国語学習者向け・医療メールマガジンの配信を始めました。
詳細はこちらの記事をご覧ください

原書会などのイベント案内・ディクテーション配信(音声・文字)はこちらから
Ayumi Chinese Book Cafeメールマガジン

☆---------------------------------------------☆     


医薬翻訳で少し進歩を感じた

翻訳をしていて、1年前だったら調べなければわからなかった専門用語がすぐにわかった時、

専門用語を見て、意味することを思い出せた時、さらに背後にある疾患も想定できた時、

少しですが進歩を感じられて嬉しくなります。


医学は膨大な範囲に及ぶ学問ですが、巨大なケーキを少しずつ端っこから食べ始め、中心に向かって食べ進めている感覚を覚えたのは嬉しかったです。

医療通訳講座の準備で知ったことが翻訳で登場したり、
医薬翻訳で見かけた単語が医療通訳の場面で役に立ったり、
医療通訳の勉強で覚えたことが翻訳で登場したり、
相互にうまく作用しているようです。

頭に投資した”見返り”は大きいと最近どこかで目にしました。

すぐ結果につながらないように思えても、一歩一歩、丁寧に仕事していく大切さを実感しました。

☆---------------------------------------------☆     
<受講生募集中>

知識ゼロから医療通訳者を目指す方向け
現役医療通訳者・薬剤師が教える「病気・身体の仕組みをゼロから学べるオンライン医療通訳講座」

中国語学習者向け・医療メールマガジンの配信を始めました。
詳細はこちらの記事をご覧ください

原書会などのイベント案内・ディクテーション配信(音声・文字)はこちらから
Ayumi Chinese Book Cafeメールマガジン

☆---------------------------------------------☆            

育児でブランクあり、今から中国語の通訳、翻訳になれるの?

以前中国語を勉強し、中検準1級ももっていて、留学経験あり、仕事でも使っていたけれど、出産を機に勉強を中断し、数年経っている。今から仕事で中国語を使いたい、通訳・翻訳の仕事をしたい、でもなれるの?

と思われる方は少なくないと思います。

私の場合は、フリーになった矢先の妊娠だったので、嬉しい反面、今から頑張りどきだったのに〜という焦りがものすごくありました。会社員の頃は、翻訳は副業で少ししていましたが、中国語は仕事では使っていなかったので、通訳キャリアはフリー=ほぼゼロからの開始。で、すぐに産休に入るぞ、という状況になりました。まあ、何もないところからのスタートでした。

でも私は「私でも通訳、翻訳の仕事をもらえるの?」と思ったことは、少なくともフリーになるのを決めた2013年には考えませんでした。もっと前、通訳になりたくてスクールに通っていた頃、2010年頃はよく考えていました。通訳翻訳ジャーナルを読んだり、憧れの方の記事を壁に貼って、いつか私も…!と想像していました。

フリーになるのを決意した年、会社で中国語の通訳もしたことなかったですが、なれるのかな?は考えませんでした。

なぜか?

それは、なれるかどうかは行動をおこしてみないと誰にもわからないからです。確実に言えるのは、行動を起こさなければなれない、ということです。

エージェントに応募しなければ仕事も得られませんし、周囲が私の夢を知らなければ紹介してもらうこともありません。なりたいな、と思っているだけでは理想の現実は向こうからやってきません。だから、今からでも通訳になれるかな?とは思わず、どうすればいいのかな?何をすべきかな?ということを考えていました。

通訳は最初は専門とは無関係なものばかりでした。毎回ゼロから準備して、時には失敗したり、ミスを全員の前で指摘されたり、にらまれたり、早く訳しなさいよと言われたり、辛いこともありました。私の専門が薬学だから、通訳において有利だと感じたことは医療以外ではまずありませんでした。医療通訳の仕事をいただけるようになったのも、資格も関係しますが、行動に起こしたからです。本当にそれにつきるのです。

では、ブランクがある場合、どこから勉強すればいいの?と思われるかもしれません。何でもいいと思います。手軽に入手できるNHKニュースを使って逐次通訳してみたり、一文ずつきいて何もみずに復唱できるか試してみたり、シャドーイングしてみたり。やってみて、まあまあできればもっと負荷のあるトレーニングをすればいいですし、全然できないなら持っているテキストの中国語を読んで訳せるか試してみたり。やるべき勉強法は人それぞれ違います。

何かを差し出すことなく簡単に得られるものはありません。何かを差し出す、とは行動に移すことも含みます。なるには論について悩むよりも、まずYouTubeで短い動画で通訳演習してみる、中国語のニュースを翻訳してみる、それでどうしようもできない自分を知ってから、「やっぱり無理、諦めよう」でも、「頑張ってみよう」でも決めればいいのです。

少しずつ行動を起こすようになり、やるのが当たり前になると、なるには論の模索のループから解放されます。私はフリーになってから、通翻訳ジャーナルは買っていません。読んで参考になると思うことがあまりなかったからです。友人から数冊もらったものもありますが、開くのも億劫で本棚で眠っています。なるための道筋は人それぞれ違いますし、他人の歩みを参考にするのはいいですが、その通りにやったからといって同じ結果が得られるわけではありません。その時の時代、市場、その人の背景、性格など複数の要素によって決まるので、人の歩みを参考にするのは程々に。いずれ、人の歩みに全く興味がなくなる日がきます。

まだ伝え切れないことがありますが、この記事で伝えたかったのは、やりたいならすぐに行動してほしい!ということです。行動を先延ばしすると、いずれ後悔する日がきます。後からじわじわ強まる後悔を味わって悔しい思いをするか?それとも行動して失敗して涙を流すけど、再びチャレンジするのと、どちらを選びますか。もしそれでも行動する気になれない、モチベーションがあがらないなら、本当にやりたいことではないということなので、やらなくていいのです。

私は今では中国語にも通翻訳にもあっさりした気持ちですが、この世界に入る前は憧れが強くて、仕事が欲しくて仕方なくて、1日に20社トライアルに応募したりしていました。応募するかについて迷ったことはありません。応募しなければ、相手に私の存在を知らせなければチャンスはやってこないからです。

「私でも今から通訳、翻訳になれるの?」と思う方、今からできることをすぐにやってみてください。

具体的なことはやってから考えればいいです。今すぐできることを今やってみましょう!





シンクロ

しばらく仕事を受けられないことを伝えていた会社から、できますかー?と連絡をいただきました。

そろそろ連絡をしないとと思っていたところでした。

医薬翻訳です。

がんばります!

技術文書に求められる翻訳力

最近は訳者を評価する仕事をいただいています。

自分が人の成果物を評価できるレベルにあるとは思いませんが、
これまで度々トライアルの採点をお願いされることがありました。

エージェントからいただく採点基準に加え、
この人に仕事を依頼できるか?の観点からチェックしています。

その中で感じたのは、
たいてい最初の1/3を見て、合否を判断できること。
時にはざっと見ただけで判断できることもあります。最後まで見た後も、この判断はほぼ変わりません。


特に感じるのは、
翻訳=訳出するだけではないということ。
リサーチ力も大変重要です。

中国語の場合、日本語→中国語と直接調べられることはまれで、
英語を介して用語を探しますが、このプロセスだけでは不十分で、
最終的には日本語と中国語の意味から「=」とできるか判断する必要があること。

ここまでチェックできている人はあまりいないな、という印象を受けます。

たとえ英語を介してそれらしい用語を特定できても、意味を見たら、「あ、違った」とすぐにわかるのですが、それに気づかない例も多く・・・。これは背景知識を知っているか、専門知識を持っているかは関係ないと思います。日本語と中国語が理解できれば、それぞれの用語が同じことを意味しているかは判断できるのですから。

また、実際の案件でボリュームが多いと、後半は疲れて、同じ品質を保つのはなかなか難しいものですよね。

訳出する立場をいったん離れて、成果物を見る立場に立ってみるのも新鮮な経験です。
一言で言えば、この文書を必要としている読み手を想像し、その人の気持ちになって訳出することが、品質向上の秘訣なのだと思います。

「読み手」の気持ちになってみるだけでも、異なる視点から成果物を見直すことができます。貴重な経験をさせていただいていることに改めて感謝です。

☆---------------------------------------------☆     
<受講生募集中>

知識ゼロから医療通訳者を目指す方向け
現役医療通訳者・薬剤師が教える「病気・身体の仕組みをゼロから学べるオンライン医療通訳講座」

中国語学習者向け・医療メールマガジンの配信を始めました。
詳細はこちらの記事をご覧ください

原書会などのイベント案内・ディクテーション配信(音声・文字)はこちらから
Ayumi Chinese Book Cafeメールマガジン

☆---------------------------------------------☆    

エンドクライアントの訳文に対する評価

翻訳会社がクライアントの翻訳成果物に対する評価を教えてくれました。

大変わかりやすかった、とのことでした。

このコメントをいただけたのは実はおまけで、本当の目的は訳文に対する質問への回答でした。

今回のやりとりで、訳文を必要とする現場の人が、文書のどんなところをより知りたいと思っているか、考える良いきっかけになりました。

確かに気になる箇所は、私も少し気になっていたところでした。
私の解釈を伝えたところ、再度、クライアントのコメントをフィードバックしてくれました。
翻訳会社から依頼をいただくことが多い今、エンドクライアントの評価を聞く機会はほとんどありませんが、肯定的な評価をいただけると励みになります。

納品前に、現場の担当者の立場になってもう少し丁寧に訳文を読み返していれば、現場の人が“気になる”ポイントはわかったはずでした。今回は訳者として読み返していただけでした。
今回の件で、一歩先を行った成果物を提供できるようになりたいなあと思いました。

今回の文書はガイドラインでした。表現の美しさを求める文書ではなく、ガイドラインのようにクライアントの真のニーズを読み取る必要のある文書を翻訳する方が好きだなあと最近ますます感じています。

以前、品質マニュアルを翻訳していたときのことです。
医療機器の品質マニュアルで、ISO 13485に準拠と書いてあるのですが、以前、ISO 13485とISO 9001の違いを少しかじっていたので、その品質マニュアルが実はISO 9001のままであることに気づきました。これって大変なことです。対外的にはISO 13485の認証取得とうたいながら、肝心の品質マニュアルがISO 9001のままなのですから。

翻訳会社のコーディネータに(面倒にならない程度に)コメントを付与して納品しましたが、伝わっていないようでした。こういうことに遭遇して、直取引で翻訳から少し立ち入ったことまでやれたらなあと思うようになりました。

法規制サービスに加えて、現地法人の品質マニュアルがISO 13485などに準拠しているか、のテクニカルレビューなら現状+αでできそうです。これも何か形にできないか考えています!わくわく。


☆---------------------------------------------☆     
「5日間集中!病気・身体の仕組みをゼロから学べる医学講座<前半> 医療通訳を目指す方向け」
夏季講座の受講生募集中→オンライン枠は残りわずか。

中国語学習者向け・医療メールマガジンの配信を始めました。
詳細はこちらの記事をご覧ください

原書会などのイベント案内・ディクテーション配信(音声・文字)はこちらから
Ayumi Chinese Book Cafeメールマガジン

☆---------------------------------------------☆  

再びトライアルを受けよう

6月は仮案件でほぼ埋まり、収入も(受注になれば)目標を大幅アップだったのでウキウキしていたのですが、1件キャンセルの連絡がありました。他の案件もキャンセルになる可能性があるため、予定収入が一気にしゅーんとしぼんでしまいました。


先月受けた特許の中日・日中の翻訳トライアルはダメでした。
合格の場合のみ〇日以内に連絡、というもので、連絡はありませんでした。しゅーん。

時間のあるうちにまたトライアルを受けることにします。

☆---------------------------------------------☆     
【募集中】「医療通訳のための医学講座」夏季講座
オンライン枠は残りわずか。

中国語学習者向け・医療メールマガジンの配信を始めました。
詳細はこちらの記事をご覧ください

原書会などのイベント案内・ディクテーション配信(音声・文字)はこちらから
Ayumi Chinese Book Cafeメールマガジン

☆---------------------------------------------☆  

翻訳会社にやる気をアピールしてみた

機械分野の翻訳が完了しました。

機械分野でこのボリュームを任されたのは初めてでした。
調べるのに時間がかかりましたが、赤字にならずに終わりました。

私はこのような技術翻訳をする方が合っているようです。

始めはチンプンカンプンだった技術内容が、
翻訳するにつれ少しずつわかってくるのが実に面白いですね!

色々な企業の特許明細書がとても参考になりました。

今後も機械分野の翻訳がありましたらぜひやりたいです、とメッセージを添えて納品しました。

さてどうでしょうか(^-^)

☆---------------------------------------------☆     
【募集中】「医療通訳のための医学講座」夏季講座
オンライン枠は残りわずか。
直接お申込みページへいくにはこちらから↓
厚生労働省カリキュラム準拠 医療通訳のための医学講座(夏季)


中国語学習者向け・医療メールマガジンの配信を始めました。
詳細はこちらの記事をご覧ください
Ayumi Medical Magazineの登録ページはこちらからどうぞ

原書会等のイベント情報配信をご希望の方はこちらから
イベント情報の事前案内に申し込む

☆---------------------------------------------☆  

休日も頑張れば3~4時間仕事できる

休日は2歳の息子と1日遊ぶため、仕事時間は限られているのですが、
早朝と昼寝時間を活用することで3~4時間は捻出できます。

早朝6時~8時(休日なのでみんな遅起き)
子ども昼寝2時間

計4時間

実際は集中力が切れて3時間くらいになることもありますが、
早起きさえできれば、休日に作業を進めることも可能です。

ただ、子どもはいずれ昼寝しなくなるので、そうなった時は仕事はさらに難しくなるでしょう...。

もう少し大きなお子さんがいて、在宅で頑張っているお母さんはすごいです!!

明日(今日だけど)も6時起きが目標です。

***

明日、Ayumi Medical Magazinevol.3を配信します(^^)
ご登録いただくとバックナンバーもご覧いただけます。
私が一番勉強させてもらっています。登録いただいたみなさんに感謝です!

☆---------------------------------------------☆     
【募集中】「医療通訳のための医学講座」夏季講座
オンライン枠は残りわずか。
直接お申込みページへいくにはこちらから↓
厚生労働省カリキュラム準拠 医療通訳のための医学講座(夏季)

原書会等のイベント情報配信をご希望の方はこちらから
イベント情報の事前案内に申し込む

☆---------------------------------------------☆  

英日翻訳トライアルは不合格でした

残念ですが、ずっと勉強していなかったから当然の結果ですね。

次のトライアルはもう少し先に設定して、英語の勉強をはじめます。

英中の違いで感じたのは、
中国語の課題文では構文の理解でわからないものはありませんが、英語ではあったこと。英中では基礎力に大きな隔たりがあるということですね。

英語は特許で英訳の仕事を受注することをゴールにして勉強内容を考えます。中国語とちがって、スピーキングもリスニングも不要なので、やることがしぼられるはず。


livedoor プロフィール
最新コメント
follow us in feedly
メッセージ

名前
メール
本文