NHK実践ビジネス英語

至れり尽くせりな杉田先生

10月になりましたが、NHK実践ビジネス英語の9月号がまだ終わらないのでまだ9月号をやっています。レッスン12のコラボ的生活様式3回目のビニェットに見覚えのある単語が2つありました。

ripple effect:波及効果
long-established:長い歴史を持つ、長い伝統のある

ピーン!と思い出して8月号を取り出してみたら、ビンゴでした。8月号のビニェットでも使われていた単語でした。もしかして杉田先生は、過去に出てきた用語を繰り返し使うことを意識されているのでしょうか。そうだとしたらなんて至れり尽くせりな。

この偶然1つで継続リスナーになることを再度決意しました。

この講座で気に入っていることの一つに、Daily Exerciseがあります。
当日のビニェットで出てきた内容の理解を問う形式で、答えの選択肢が3つ用意されています。大抵知らない用語が出てくるので新しい語彙に触れられるようになっているのです。また、問題文がビニェットで出てくる文の言いかえにもなっているので、異なる表現を学ぶこともできます。

7月号から始めて私がこれまで継続できている一番の理由は、内容に飽きがないことです。アメリカの事情を理解できる上に、日常会話の表現も学ぶことができます。これだけの内容を毎回考えるのは、相当アンテナを張って、情報のキャッチアップをしていなければならないのではないでしょうか。なんて優れた素材なのだろう・・・と毎回うなってしまいます。

杉田先生には今後とも末永くこの講座を担当していただきたいものです。

着手すると夢中になれるのに…

ラジオ実践ビジネス英語が遅れ気味です。
今日慌てて先週分を勉強し、ストリーミングを聴きました。
ストリーミング音声をMP3にダウンロードできる方法もあるのですが、それをやってしまうとますます後回しにしてしまいそうなので、ストリーミング配信期限の日曜になんとか先週分はクリアしました。

make the grade
make for
shunt O aside
procrastinate

上記のような使える単語がたくさん出てきます。英語上級者にはこれらは当たり前なのでしょうか。

ゼロからの英語脳構築のために買ったリンガフォンもそうですが、英語学習は中国語よりも間が空きがち。着手すると楽しめるし、夢中になれるのですが。

二カ国語勉強はなかなか思い通りにはいきませんが、ノルマ表のおかげでやっていることとやっていないことが明白です。英語は最近、economistとリンガフォンが後手に回りがちなので、中国語のように早く日課として定着させたいです。


英語の目標

NHK実践ビジネス英語、今月はお休みしようかと思いましたが、結局買ってしまいました!二ヶ月と短いけど、ここまで続けられた流れを止めたくなく。

早速本日分を聞きました。
一足先をいく、一枚うわてだ go one better

正直なところ今の語彙レベルが貧相すぎて、何が当然知っているべき用語で、何があまり使わない用語なのか区別がつかないのですが、上記のような使えるフレーズがさらっと登場するところが特に気に入っています。今は、ラジオテキストであれ、ニュースであれ、原書であれ、出会った単語・フレーズを無理せずできるものから吸収していく時期なのでしょう。何しろ判断がつかないので(^_^;)

今月は「英語で読む村上春樹」も買ってしまいました。これはこれは楽しみ!しっかり予習しなくては。

一方、中国語では、中国語レベルアップの講座が再放送されているようで、こちらは韓寒の1988です。これも楽しみ!読んだ原書なので特に嬉しい。テキスト買わなくていいですしね。中国語でも毎月こんな講座があればいいのになぁ。


最近のトレーニング熱、ますます上昇しています。英語も中国語も。特に英語は、2016年6月までにTOEIC満点と英検1級合格を第一の目標にしたからか、最近いやに熱が入ります。試験対策は極力せず、底力をつけて達成するのが目標です。でも高い目標を設定したからといって基礎をおろそかにしてよいわけではないですし、基礎が抜けてしまっているので、最近買ったリンガフォンという教材のBASICコースで「レストランはどこですか?」など、初歩からの会話やり直しも実践中です。

できない自分を思い知り、初歩からやり直そうと思えました。中国語でも、毎回のオンラインレッスンでスムーズに話せない現実に直面するので、自信はますますなくなるばかりだけど、以前よりも素直に頑張ろうと思えるようになった気がします。



NHK実践ビジネス英語

7月から始めたNHKビジネス講座、順調に続いています。
8月はオンタイムで聞けないことが多く、ストリーミング放送を活用しました。

今はiPhoneでストリーミング放送を聞くことができるんですね!
びっくりしました。買い物の時や歩いている時など、近くにちょっと出かける時に1回分を聞くことができます。
テキストの予習をしたものは、復習用に何度も簡単に聞くことができます。
改めて便利な時代になったものだと実感しました。

9月号を買おうか、9月は7・8月分の復習にあてようか思案中です。
日英の練習用としてきちんと消化したいのですが、これはまだ手をつけられていません。

ラジオ講座を使った勉強が2か月続いたのは初めてです。
事前にスクリプトを予習して視聴、というやり方が私には合っているようです。

巻末についている単語リストやエッセイなどもちゃんと吸収したいなあ。

思い通りにいかない生活リズムのなかで

先週からの英語熱はまだ継続中で、今日も実践ビジネス英語のテキストを持ってカフェへ。最近は鞄の中に、原書とセットで入っているようになりました。

英語に真剣に取り組もうという気持ちはここ数年の中では一番強いかもしれません。大きな後押しとなったのは、裁判所に通訳人として登録できなかったことでした。また、友人が「自分が求められていない分野や強くない分野で頑張っても、他に自分の代わりにできる人がたくさんいるならその人たちに任せて、自分が必要とされる分野で(通訳問わず)人の役にたつことをすればいいと思う」と以前語っていた言葉がずっと心の中に残っていて、私にとって不要なものや、頑張る必要のない分野(他にできる人がいくらでもいる分野)についてはばっさり切る覚悟ができました。

英語を使った医薬品のメディカルライティングの基礎となる定期的なお仕事の開始時期の目処が立ちました。これはゼロから勉強のつもりで取り組みます。また、以前やった医療機器のメディカルライティングの仕事で嬉しい再度のお声かけがありました。苦しかった業務状況に光が…

上記のことから、最近は中国語だけでなく、英語でもリプロダクションやったり、英字新聞読んだり、あれこれやりたい…という思いや構想があるのですが、ここ数週間は身体が異様なほど睡眠を欲しており、全然思い通りにいかないのがもどかしいです。

ちょっと焦る気持ちで私事を片付けていたらヘルペスが出てしまったり、以前とは比べものにならない弱さです。

そんな感じでたくさん寝てしまう日々ですが、仕事が来るとシャキッとできているのでこういうものなのでしょう。明日こそは用事を片付けたら、中国語と英語のリプロダクションをやりたいです


実践ビジネス英語

ラジオの実践ビジネス英語を開始しました。
今まで何度も挫折してきましたが、今回とこれまでと自分の取り組みが変わったと思うのは、今月前半分の予習を視聴前に終わらせたこと。今まではまず番組を聞いてから単語調べをしていました。

今月の前半のテーマは「もの忘れ」。
杉田先生は英語もさることながら、日本語も聞きごこちいいですね。年齢を感じさせないところ、一体どのようなボイストレーニングされているのだろうと思いました。

現在は放送が、水木金と週3回になりました。嬉しいことに朝昼晩と1日3回も放送があるので、都合がつく限り聞いています。土曜日のまとめた再放送も含めれば、今週4回聞いた回もあります。スマホのアプリで聴けるなんて本当にお手軽でありがたいです。

お相手のネイティブの方が単語の別の使い方や意味、例文を紹介してくれるので、再度聞く際は、初回で聞き取れなかったところに注意を払っています。

翻訳スクールで、英語の構文理解を間違えていることが何回かあったので、基礎固めとして対訳のあるものからやっていくことにしました。

来週は今週分の日英をやる予定です。


livedoor プロフィール
最新コメント
follow us in feedly
メッセージ

名前
メール
本文