子育て

~子育てが教えてくれたこと~ イライラの感情をコントロールするには「イライラのトリガー」を知る

今回のテーマは中国語を離れ、日頃の育児生活での気づきについて書いてみます。

子どもが生まれ早1年。あんなに小さく、弱々しかった我が子も、今では隙あらばいたずらを企て、ちょっとしたことで笑い上戸のごとくケタケタ声をあげて笑い、好きなものが食べ終わるとかんしゃくを起こすほど自分の意思を持つようになりました。

日々急速に成長していく子どもの力強さに喜びを感じる一方で、毎日の育児の疲れ、特に睡眠不足から、こちらの思うように行動してくれない時に、イライラしてしまうこともしばしばあります。

「料理したいのに泣き止んでくれない」「理由もわからず泣き叫んでいる」「さっき寝たばかりなのにもう起きてしまった」などなど、子育てが思い通りになるわけないことは重々承知しているけれども、湧き起こってくる怒りを子どもに向けて言葉にして発してしまい、その後罪悪感に苦しむこともありました。

つい言ってしまった「静かにして!」の一言を後悔して後悔して、自分は何てダメな母親なのだろうと落ち込むこともありました。

しかし、ある日、あることさえしなければ、イライラの感情を抑えられることを発見したのです。

それは、上記で書いた「静かにして!」といった、自分がイライラしていることを表現する言葉です。

私が子どもに対してイライラする場合、以下の過程を踏むことに気が付きました。

①子どもの言動に困る
   ↓
②それに対してイライラを表す言葉を実際に発する
   ↓
③余計にイライラする

②の段階で既に若干イライラしているのですが、②と③の程度は大きく異なります。②によって、もともと大きくなかったイライラがさらに爆発していたことに気が付きました。

②を「イライラのトリガー」と呼ぶことにします。イライラを本格的に発動させるトリガーです。これを抑えることと、既に爆発したイライラを抑えることとでは、易しいのは前者であることは明白です。

この法則に気が付いてからは、子どもの言動にイライラし始める度に、絶対に言葉でマイナスなことを言わないようにしました。これさえしなければ、沸き起こってくる負の感情を抑えることができるからです。そして、積極的に笑顔で話しかけたり、なでたり、抱っこするようにしました。

もちろん、この法則に気が付いた後も失敗はあります。それは夜中。こちらがぐっすり寝ている時に、特に深い眠りの時に泣き声で起こされて、心の準備をする暇もなくカッカしてしまったこともありました。

また、子育ての大変さは母親の性格よりも、子が持って生まれた性格によるところが大きいと私は思っています。ですので、私の子どもよりももっと手のかかる子どもの場合、「イライラのトリガー」の法則を応用しても、抑えられないイライラはあるかもしれません。また、子育ての大変さはこれからともよく耳にします。魔の2歳児を迎える頃にも応用できるかどうかはまだ私も未体験です。

それでも、私はこの法則に気が付いたおかげで、この数か月、イライラする回数が顕著に減りました。

よく、怒りの感情がわいてきた時には深呼吸、といいますが、私には効果はありませんでした。怒り、イライラなど負の感情の対処方法も多種多様だと思います。上記で書いたことは、子育て中に生じるイライラには応用しやすいだけかもしれません。でも、1年前と比較して、自分は育児によって少しでも成長できたのかな、と思うと嬉しいのも正直な気持ちです。

この記事がどなたかの参考になれば幸いです。
読んでいただきありがとうございました。





もうすぐ1歳になる現在のある日の流れ

家族の帰りが遅く、家事が比較的楽な1日。

7:00  起床・授乳、子どもと遊ぶ
8:00  子どもと朝食
8:30~10:00 支度と家事(洗濯・洗い物・掃除)、授乳
10:30〜11:30 散歩・買い物
12:00 子どもと昼食
12:30〜14:00 子ども昼寝
14:00 授乳、子どもと遊ぶ
15:30〜16:30 散歩・買い物
16:30 夕飯の支度開始
17:30〜18:00 子どもと夕飯
18:30〜 子どもと入浴
19:30〜20:00 授乳、子ども就寝
23:00 子ども泣く
3:00 子ども泣く
5:00 子ども泣く
7:00 朝を迎える

朝起きてから、落ち着いて携帯を見られるのは昼過ぎに子どもが昼寝する頃。それまでの時間は子どもの世話と家事であっという間に過ぎていきます。

午前午後と二回外出するのは、子どものためというより私の気分転換を兼ねています。好きな散歩道をのんびり歩くだけでも気持ちが大分スッキリします。なので雨の日は長時間散歩できず憂鬱です。

こうしてあっという間に夜になり、自分の時間ができたー!という頃にはクタクタ。でも、0歳児の頃の方が楽だったとよく聞くので、子育ての本当の大変さはこれからかもしれません。

夜はせめて3時間おきに起きてくれたら、こちらの目覚めもスッキリなのになぁと思っています。2時間おきに目覚めることが多くてちょっとしんどいです。

そのため子どもの昼寝タイムは私も一緒に眠ることが多くなりました。日中の幸せなひとときです。予想より早く子どもが目覚めちゃうと、あれれーとなりますが。。

「しんどいなぁ」と思うこともありますが、子どもの寝顔を見るとたちまち癒されます。赤ちゃんの寝顔の力って本当にすごいです。

新しく買った歯ブラシ。

10月まとめ

【勉強】
10月の勉強時間は26時間でした。1か月を通じて体調が悪く、これを集中してやった!というよりも、その時の気分でできることを少しずつやった、という感じです。

11月も同じような状況になりそうです。やることを一つに絞らず、毎日何らかの形で30分でも中国語に触れられればよしとします。具体的な目標を設定すると、かえって自分が苦しくなるだけなので。

<最近のつまみ食い状況>


基礎のやり直しで取り組んでいます。 主に音読。


中身を見て衝動買いしてしまいました。自分で生の素材を選ぶと分野が偏ってしまうので、こういったテキストで色々な中国語に触れるのも私には必要のよう。気に入っています。 

















以前読んだ原書を再読。
Marieさんの記事を拝見して、私の「繰り返し読みたい本」は何だろうと思い返した結果、上記の本を思い出しました。のんびり再読・オーディオブックを聴いています。これは改めて記事にしてみる予定です。


【子育て】
早いもので11か月になりました。

★つかまり立ち・つたい歩きをするようになりました。

当初はぐらぐら危なっかしくて、倒れて頭をぶつけてしまんではないかと心配で、あらゆる家事を放置して子どもの後ろに張り付いていました。そんなことしていたら、こちらがくたくたになってしまったので、今はまだ一人でしゃがめないですが、離れたところで見守っています。立ち方もつたい歩きもしっかりしてきたので、キッチンにはいったり、トイレ行ったり、そばを離れても大丈夫になりました。
ひとつひとつの成長は喜ばしいですが、怪我してしまったらとハラハラすることも増えます。私が心配性なだけかもしれません。。。つかまり立ちの後ろ姿がかわいくて思わず後ろからだきついてしまいます。

★リビング・廊下にジョイントマットを敷きました。

これで転倒しても一安心です。玄関、キッチンにもベビーフェンスを設置しました。

写真はジョイントマットと先日購入したおもちゃたち。

★最近はまっている遊びは、物を取り出す遊び。

絵本が入った箱から1冊1冊外に出していきます。全部出し終わったらまた入れてあげると、再度1冊1冊取り出しています。他にはおもちゃを手に取ってポイっと投げたり。

写真は取り出された絵本たち。


★歯がみるみる生えてきました!

気が付いたら上の歯4本、下の歯3本になっていました。歯磨きも開始しました。最初の頃は磨かせてくれていたのに、一度歯ブラシで遊ばせたら、スムーズに磨かせてくれなくなりました。遊びながら前歯を磨いているのでよしとします。それにしても自己主張するときの泣き顔、今までとちがって"わがままフェイス"です。

★離乳食が3回になりました。

これまでのものに加えて、ツナ、かぶ、しいたけ、まいたけ、ひじき、パン、豚のひき肉、鶏のひき肉、レバー、オレンジジュース、みかんをあげました。食材が増えるにつれて、色々なものを作れるようになりました。食べる量も増えました。プレーンヨーグルトにさつまいものペーストを混ぜたものが大好き。心配なのは小麦アレルギー。何度か嘔吐してしまったので、アレルギー検査するまでは小麦は避けています。  
 
ひき肉と野菜を煮たのも好きでぱくぱく食べます。

これは野菜としらすの雑炊。作り置きして冷凍しておくと、私の体調が悪い時もこれだけ解凍してあげれば野菜もとれるので安心です。

★いやな時はいや!とわがまま言いますが、笑う回数もぐんと増え、まさに「箸が転がっても」ケタケタ笑う状態です。人見知りも終わったようで、道ですれ違う人に笑顔を振りまいています。

★こちらの言っていることがわかってきたようです。

「こら、そっち行っちゃだめ!」というと、嬉々として行ってほしくない方向へ高速ハイハイして駆けていったり、いたずら心が芽生えている様子。絵本を読んでいて他のことに興味が移りそうなとき、「ねえねえ」と指で肩をツンツンすると、ちゃんと振り返ったり。こちらが思っている以上に言っていること・思っていること・(イライラしていることも)伝わっているみたいです。

★保育園の見学を開始しました。

保育園・保育ママさん含め、近日中に9箇所を回ります。今日は2か所目へ行ってきました。これについてはまた別途書きます。








一時保育3回目

病院へ行くため、緊急一時保育を利用しました。
一時保育の利用はこれで3回目です。

以前、日本とフランスの子育て事情を比較した記事で、フランスの保育園は必要な持ち物がほぼない、と読んだ記憶があります。当時は「ふうん、そうなんだ」くらいにしか思いませんでしたが、いざ保育園へ送り出そうすると、フランスの保育園事情がいかにママフレンドリーかわかりました。日本では、指定の持ち物が色々とあり、各持ち物に名前を書かないといけません。おむつにもです。さらに連絡ノートもあります。数時間利用するだけでも、準備に色々気を遣わないといけないんですよね。これが毎日だったら大変です。

IMG_4866

今日の持参物。園でも提供可ですが、離乳食・粉ミルクはまだ持参しています。
着替えだけでも2着分。赤ちゃんは吐いて汚しちゃうことありますからね。

保育園へ毎日通うようになったら、こうした準備を生活の中にうまく組み込まないといけません。連絡ノートの裏に持ち物のチェックリストを貼ってみるのも良さそうです。


前回の一時保育では散々泣きました。今日は大丈夫かな?とドキドキでしたが、病院の用事が済み、迎えに行ってみたら、「あれ、ママ来たの?」と言わんばかりの余裕な表情でした。子どもの成長はこちらが思っている以上に早いです。思わず、「私必要ないの?」と言ってしまいました。寂しさを感じた瞬間でした。

8月・9月まとめ【勉強編】

8月の勉強時間は33時間、9月は42時間でした。
1日の平均時間は少ないですが、リプロ中心のせいか、若干の達成感はあります。

リプロできたのは、8月は21日、9月は19日でした。
原書は8月~9月上旬に108冊目を読了し、現在109冊目の《尘埃落定》を読んでいます。こちらは9月に読了できなかったため、10月10日までには読み終えたいところです。
散歩や家事等の隙間時間には、先日の記事でご紹介したラジオ番組《叶文有话要说》を毎日聞いています^^面白くて過去の放送分も聞きまくっています。

この他に継続して取り組めたトレーニング、テキストはありませんでした。

サイトラ、同通練習、音読、一般教養の勉強なども日課にできればいいのですが、1日にあてられる時間が2時間弱だとできることは限られてしまいます。やりたいトレーニングはたくさんありますが、10月もリプロと原書が中心になりそうです。英語にいたっては全然できていません。

でも、子どもが9月に入ってから多い時で夜中に4,5回起きるようになり、夜まとまって眠れない状況の中では、まあまあ頑張れたかな、と思います。

****

子育ては、思い通りにしようという想いが強いほど、自分が感じるストレスが増えますね。。「時間がとれたらラッキー」「昼寝してくれたらラッキー」「夜まとめて寝てくれたらラッキー」と構えている方が、イライラしないでいられます。

8月はそれまでのあまり手がかからなかった状態から、手がかかる状態へ変化した転換期で、それはそれはイライラしていました。。ある時、思い通りにしようと考えるからイライラするのだと気が付いてからは、精神的にとても楽になりました。そして最後まで諦められなかった「夜まとめて寝ること」についても期待することを一切やめました。産後間もないころはこういうスタンスでいたのですが、短期間でも「一度まとめて寝てくれる時期」を体験したためか、期待感をなかなか捨て去れなかったです。

でも、どんなに大変と思っても、手がかかっても、子どもが元気で健康で、いたずらしてこちらを困らせてくれるのがどんなにありがたいことか、つくづく痛感しました。9月は度重なる病院通いで、ハラハラしているうちに1か月があっという間に経ってしまった気がします。実は昨日も嘔吐が続いて救急外来へ駆け込みました。幸い深刻ではなく、今日は一度も吐かなかったので再度安心です。

元気になって大きな声出したり、笑ったりしている様子が愛おしくて仕方ない1日でした。

突発性発疹

RSウィルス騒動が収まり胸をなでおろしていたら、今度は突発性発疹にかかってしまいました。2日前から触ると明らかに発熱しているとわかるほど身体が熱く、38度後半〜39度をさまよっていました。3日目の昨日は元気に動いたり、昼寝できるようになり、夜には熱が下がりました。3日で熱が下がるので3日熱とも呼ばれているようです。

生後6カ月以降のほとんどの赤ちゃんがかかるようです。RSウィルスの時とは異なり、熱だけで咳や鼻水はありませんでした。今回は先日行った保育園の面接でもらってしまった気がします。

熱が下がり、寝心地良さそうで本当に安心しました。これから身体全体に発疹が出てくるのが特徴のようです。後日経過を診てもらうためまた病院へ行きます。

2日間、昼も夜も心配で神経が高ぶっていましたが、今晩はようやくリラックスできそうです。続きの気になるラジオ番組を聴きながら寝ることにします(^^)




生後10か月

ブログを更新していない間も一定数の訪問をいただいて恐縮です。
なかなか毎日更新できないので、Feedlyというツールを使うと、更新のあった記事が表示されるので、複数ブログを一括閲覧するのにとても便利ですよ☆

さて、子供は今日で10か月になりました。
8月からの1か月半の間、子供にとって良いこと悪いこと含め色々な「初めて」がありました。

★ハイハイするようになって1か月以上たちますが、まだひとり座りはできていません。手をつけば1分くらいは維持できるようになりました。最近、ハイハイの姿勢から足を内側に折りたたむ動作をしているので、ひとり座りはもうすぐかもしれません。

★子育て広場デビューしました。月齢の近い赤ちゃんと遊ばせてあげたくて、時々利用しています。自宅から徒歩5分のところにあるので利用しないのがもったいないくらいです。同じお母さんがわりと来ています。初回は目が点になっていましたが、2回目以降はリラックスして遊んでいました。

★保育園デビューしました。といっても保育園が決まったわけではなく、今後一時保育を利用するためにならし保育をしました。初回なので3時間と短時間。人見知りはせず、楽しく遊んでいたようです。保育園に預けている間、私は自宅で思う存分のリプロ+デニーズで読書、ととても良い気分転換になりました。

★子連れで2泊3日の伊香保旅行に行きました。赤ちゃんフレンドリーな旅館「美松館(みまつかん)」にお世話になりました。細かいところまで気配りの行き届いた、今までで宿泊した中で最高の旅館でした。観光している時にぐずらないか心配でしたが、電車でも観光中もぐずることなく、終始リラックスした様子だったので、こちらも安心して旅行することができました。男湯では激しく泣いたようですが・・・。

★スパウトを卒業し、ストローへ。教えなくてもあっけなくストローで飲んでくれました。不思議~。

★離乳食はこれまでのものに加えて、うどん、大根、牛乳、ヨーグルト、トマトを加えました。保育園で提供する離乳食でまだ食べていないものが結構あったので、ペースをあげて新しいものを試していきます。以前はあげただけ食べていたのに、最近は、途中でスプーンを手で払いのけることもあります。わがままな自己が芽生えたのかな?

★先週、RSウィルスに感染してしまいました。軽い咳から始まり、発熱・痰のからむ咳・鼻水と変化していきました。かかりつけの小児科でRSウィルスに感染していることがわかり、あわてて総合病院へ。重症化してしまったら・・と心配で入院させたかったのですが、通院で経過観察となりました。ピークの頃は、夜中に1時間もまとまって眠れない程苦しそうで、夜中に6回くらい起きるものの、食欲が低下し母乳も麦茶も拒否で、脱水症状が心配でなりませんでした。現在は少し咳が残るものの、ほぼ回復しました。総合病院へかけつけた際、動揺していたのか、自分の住所の番地を正しく書けませんでした。RSウィルス、0歳でかかるのは怖いと聞いていたので、診断時のショックが大きかったです。元気になって一安心です。

★後追い継続中です。まさに家庭内ストーカー。トイレも部屋移動も、もうどこでもついてきます。あと、甘えたいのか、構って欲しいのか、ソファで休んでいてもそばにきて「遊んでよ!」訴えてきます。そのため子供が起きている間はほとんど一緒に遊んでいます。昼寝のリズムが不規則になってしまい、寝ない時は1日30分しか昼寝しないことも。1日2時間昼寝してくれると、疲労感はだいぶ違いますね。今日は30分しか昼寝しなくて、とうとう入浴中に眠ってしまいました(笑)。昼寝すればいいのに・・・

★抱っこが大好きになりました。新生児の頃は抱っこしてものけぞって嫌がっていたので、あまり抱っこしていませんでしたが、最近は昼間、抱っこで寝かしつけないと寝ないこともあります。重くて疲れますけど、腕の中の寝顔はたまりません。

★上の歯が1本生え始めました。


実はずっと生んだ実感がありませんでした。出産時のことはよく覚えているのにです。ところが、先日保育園で指定される持ち物に子供の名前を記名している時に、自分は母親なのだとしみじみと実感しました。意外な瞬間に、母親になったことを実感するものですね。

帰省とヒヤリハット

帰省しています。
夫はまだ仕事のため、一人で子供、荷物、ベビーカーで帰ってきました。連日の猛暑が和らぎ、家を出たお昼前の時間帯に雨がちょうど止み、ベビーカーで歩ける涼しさだったので、抱っこ紐で子供を抱えてのベビーカー+大荷物+傘という状況をまぬがれ、子供をベビーカーに乗せて駅に向かうことができました。大荷物を抱えての傘&抱っこ紐&ベビーカー引きは難関ですものね。今まで普通に見ていた子連れママがいかに大変か実感しています。

妊娠中の頃からですが、出先で色んな方に助けていただいています。さりげない優しさ、本当に感謝です。今日は乗り換えのメトロ駅でホーム行きエレベーターが工事中だったのですが、駅員さんがエレベーター前に待機していて、ベビーカーと荷物を持ってくれたので、私は子供を抱っこして階段を下りることができました。素晴らしい気遣いとサービスに脱帽です。乗り降りの際にベビーカーを持ってくださる方もよくいて、優しさに心があたたまります。

さて、実家へ戻り、のんびりしていたら、衝撃的な出来事が起こりました。子どもが気づかないうちに、金属片を口に含んでいたのです。あと一歩気がつくのが遅かったら誤飲してしまったかもしれません。おしゃぶり用に渡したものの一部がなめている過程で剥がれてしまったようでした。手に取らせるものには細心の注意を払っていますが、大丈夫と思ったものでも本当に「まさか」が起こりうるのだと知り、胸が張り裂ける思いでした。子どもに申し訳ない思いでいっぱいです。あのまま飲み込んでしまったら、お腹が痛くて泣いてもこちらは理由がわからず、もしかしたら泣き止まないことにイライラさえしてしまったかもしれません。対策として、手にもたせるものは、付属品のないものか、子供用おもちゃに限定することにしました。最近は空き瓶の蓋がマイブームのようで、喜んで噛んでいるのですが、これは何も付属部品がないので、おもちゃ以外はこういうものに限定することにします。

子どもを無事、1日1日育てていくのも、決して当たり前にできることではなく、注意深い観察があってのことだと痛感しました。あまり神経質になりすぎるのは良くないですが、万が一のリスクは常に念頭に置いておくべきだと再認識しました。本当にショッキングな出来事でした。


7月まとめ

【子ども】
8か月半になりました!

★ハイハイをマスターしました。お座りはまだ。地面に手をついても長くは維持できません。
移動手段がハイハイ、寝返り、仰向けの状態で足で地面を蹴っての前進、と3パターンにバリエーションが増えたので、移動範囲がさらに広がりました。キッチンは侵入禁止エリアですが、まだバリケードをしていません。今日私がうたた寝してしまった隙に2回も侵入されました。近日中にバリケードを設置しなくてはいけません。バリケードするまでは子供が起きている時はうたた寝できなくなりました。

★ここ数日、就寝してから1時間半ほどで大泣きするようになりました。これは一体何だろう?授乳するとまたコテンと寝てくれるのでいいのですが、夜にオンラインレッスンをいれづらくなりました。

★ブロッコリー、小松菜、鮭を追加しました。小さい茶碗の半分くらい食べます。スプーンを見ると口を開けます。バナナをつぶさずにあげても、ゆっくりかめるようになりました。でもお粥はまだもぐもぐできていないようです。野菜としらすのミックスをよく食べてくれます。離乳食は食材の本来の味を母親にも味わわせてくれるので、食べる量が増えるにつれ用意は大変になってきましたが、楽しい作業ですね。手づかみで食べたがるので、今月は手づかみ離乳食も作ろうと思います。

IMG_3917


★自分が手に取ったり、なめたりしていない物はしっかり覚えているようで、まだ触っていないもの、侵入していないエリアに強烈な関心を示します。ハイハイをマスターしてからは突進していくので、ますます目が離せなくなりました。

★先月は悲しいことも。授乳の際に噛むようになりました。本人は遊んでいるつもりのようで、毎回言い聞かせているのですが、まだ認識できていないようです。産んで終わりじゃないんだと思いました(涙)

★私のことを追いかけるようになった気がします。ベランダに洗濯物を干しにいくと、よく窓越しまでやってきて様子を見ていて可愛いです。

【勉強】
振り返ると、7月はほとんど仕事していました。産後最も仕事をした月になりました。
リプロは11日しかやりませんでした。勉強時間は30時間。
原書も1冊読み終える予定でしたが、結局読了ならず。

でも翻訳のおかげで、今まで知らなかった医療の背景知識が増えて勉強になりました。以前通っていた英語の翻訳スクールの先生が、ぴったりくる訳語を見つけた瞬間を味わうと、翻訳をやめられなくなる、とおっしゃっていました。「これが翻訳の醍醐味なのよ」と。正直なところ私はそれを聞いてしっくりこず、そんな苦行を喜びとすることができるなんてすごいと思いました。私は翻訳自体はそんなに好きではないのですが、それでも毎回楽しいなと思えるのは、適切な訳語を見つけた瞬間よりも、翻訳原文が言わんとすることの背景(たとえば何かの検査の原理等)を理解できたときです。これは通訳にも通じることですが、背景知識を吸収していく過程を特に楽しく感じます。自分が本屋や図書館で決して積極的には手に取らないだろう分野に仕事を通じて触れて、新しいことを知り、世界がさらに広がることが私にとって翻訳・通訳の醍醐味なのだと思います。

楽しいことは楽しいですが、やはり先月はやや疲れました。
今の仕事が終わったら、今月はのんびり過ごしたいです。


生後8ヶ月

今月15日で8ヶ月になりました。
こんなに早く8ヶ月になっちゃうなんて、なんてあっという間なんでしょう。赤ちゃんから子どもっぽい外見になってきました。

離乳食をよく食べてくれるためか、需給のバランスから母乳の出が落ち着いてきた気がします。以前よりも長い時間あいても張りづらくなりました。通訳案件の打診を頂く度に、「胸がもつか!?」が一番の懸念事項だったのですが、これまでよりもう少し長めの案件も受けて行けそうです。

断乳を考えたこともありましたが、通訳案件が頻繁ではない今、たまにある仕事のためだけに断乳してしまうことがとても惜しくて、せめて一歳までは授乳ライフを楽しもうと思います。でもこのままいくと、自然卒乳もあるのかな?という気もします。

最近は授乳の度に、イナバウアーのように頻繁にのけぞるので困っています。イナバウアーをする意味が?です。離乳食の後はお腹がある程度満たされるのか真面目に飲みません。

夏になってから水分補給にスパウトを使い始めてから、これで麦茶をゴクゴク飲みます。


これは赤ちゃん用ですが、寝ながら飲めるので、産後の入院生活の時にこれがあったら使いたかったなあと思いました。赤ちゃんて吸収が早くて、すぐ使い方覚えちゃうんですよねえ。


前歯がもう一本頭を出し始めました。「歯を見せて見せて」と言うと、意図しているわけではないでしょうが、舌で隠します。大泣きしているときは歯が丸見えになるので、本人は真剣に泣いているのですが、こちらは歯を眺めてにやにやしています。

お座りもハイハイもまだする気配がなくて、寝返りと、仰向けの状態で足を使って前進することで、部屋中を上手に移動しています。これだけ自由にうごけるから、ハイハイするモチベーションもないかもね、と私ものんびり構えています。どんどん成長していく様子に少し寂しさを覚えつつ、うつぶせの息子のそばにいっては、息子のほっぺに私のほっぺをくっつけています。

livedoor プロフィール
最新コメント
follow us in feedly
メッセージ

名前
メール
本文